ADHDが疑われる年齢は何歳から?

目安時間:約 5分

そわそわしている事が多い自分のお子さんを見ていると

「どれくらいの年齢からADHDになるものなのか」

という事が気になるはずです。

 

さて、ADHDはどの程度の年齢から発生するものなのでしょうか。

 

ADHDが起きる年齢

 

まず、ADHDは「障害」であって「疾患」ではないというのが現状の定義であり、

血液テストや画像診断などを用いた、

揺るぎない「判断基準」は存在しません。

 

そして、ADHDの場合は「未成熟の子供ならではの行動」が多いため、

「いつからADHDだったのか」という判断をするのが大変難しいのです。

 

「ADHDの判断項目に該当する子供自体」は、

小学生になる前の幼稚園・保育園児には大勢存在します。

 

幼稚園・保育園生くらいまでは、

全員が「ADHDかもしれない」と疑ってかかる事が

できなくもないのです。

 

「発生」よりも「成長しない」のがADHDの判断基準です。

 

「どれくらいの年齢から発生するのか」という視点で考えていても、

ADHDの本質を知る事はできません。

 

「年齢に見合った成長が伺えない」というのが、

ADHDかどうかを判断する上では重要な基準となります。

 

さて

集中力が散漫

他人の話に耳を傾けられない

そわそわしている

 

など、人間はみんな「未成熟な状態」で誕生します。

「赤ちゃん」であればそれが正常です。

 

ADHDであると判断されるのは、その「赤ちゃん」の状態で

身体だけが成長したケースです。

 

ADHDを文部科学省の定義から探る

 

文部省は

「ADHDは7歳以前に発現し、その状態が続き、

機能異常が中枢神経の何らかの原因により起こる」

とADHDの事を定義しています。

 

7歳以前に症状そのものは発現する

それが続く

機能異常が中枢神経の何らかの原因により起こる

 

つまり「7歳より前にADHDが発現する」のは正常な事であり、

「それが続く」事こそが問題なのです。

 

「続かない」のであればADHDとは見做されません。

 

7歳になってから(小学生になって以降)も、

成長が乏しい・状態が良くなっていないという際に

「ADHDである」と判断される可能性が出てくるのです。

 

「ADHDかもしれない症状そのもの」は7歳よりも前に発生しますが、

それが子供ならではのものでしかなかったのか、

ADHDだったのかは、7歳以降からようやく判断できるようになるという事です。

 

以下、まとめです。

 

小学生になる前からADHAを疑問視される症状そのものは発生するが、

明確に年齢が決められているわけではない。

※自閉症等のサインは3歳までに生じるとされている。

 

文部省は「7歳以降からADHDかどうかを判断できるようになる」としている。

それより前の段階では「疑いがある」という表現がふさわしい。

 

つまり:7歳以前でもADHDになっている場合があるが、

実際に判断できるのは7歳になってからとなります。

 

7歳以前の子供の状態からは「ADHDなのかと疑問視する」事までが限界です。

 

ここまで、どれくらいの年齢からADHDが発生するのかという事を紹介してきました。

ご参考になれば幸いです。

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ