ADHDの子どものわがままは発達障害のせい?発達障害とわがままの違いとは?

目安時間:約 5分

ADHDとは多動性注意欠陥症のことであり、

脳の一種の障害であることを言います。

 

ADHDには様々な特徴があり、親からしても周りからしても、

その症状が一概にADHDからくるものなのか、

はたまた単なるわがままなのかと、

なかなか区別がつかずに接し方に困惑されることも少なくありません。

 

 

そこで今回は、そんなADHDの子どもの症状と

わがままの線引きや対処法などについて詳しくまとめてみましたので、

さっそくご覧ください。

 

【ADHD症状の特徴とは?】

 

まず、ADHDの症状にはどういったものがあるのか見てみましょう。

 

・注意力の低下

・忘れ物が多い

・不注意による様々なミス

・大きな声をあげたり、必要以上な発言をする

・気に入らないことがあると、暴力的になったりする

・席をすぐに立つ

・授業中など、静かなところでじっとしていられない

・欲しいものが手に入らないと、場所を問わず暴れることがある

 

【ADHDとわがままの境界線は?】

 

上記のように、ADHDには様々な特徴があります。

 

忘れ物や不注意などに関しては「わがまま」と結びつけることはありませんが、

思い通りにならないことで騒いでしまうなどの行動は、

果たしてADHD症状なのか、

それとも単に子どものわがままなのか?ちょっと疑問ですよね。

 

実はADHDとわがままによる行動の線引きは非常に難しく、

 

ADHDは脳の情報伝達などがスムーズにいかずに、

頭の中が様々なことを処理しきれずにそれが症状として現れます。

 

しかし、脳内のメカニズムがわかっていたとしても、

目に見て現れる行動はADHDもわがままも紙一重。

 

大切なのは、どこからがADHDでどこからがわがままか、

などと線引きをすることよりも、

両親や周りの方の接し方、捉え方だという意見が多いようです。

 

そうは言っても、その接し方に奮闘する人が多いのが事実。

 

そこで、ADHDの子どもへの対処法などを以下まとめてみましたので、

参考になさって下さい。

 

【ADHDやわがままへの対処法】

 

ADHDもしくはわがまま行動の対処法として大切なことは、

その子の日ごろの行動が具体的にどういったものなのかを大きく知ることです。

 

この子の行動のベースさえわかってこれば、

対処が大いにしやすくなりますよ。

 

  • 褒めて伸ばしていく

ADHDやわがままを言う子にとって、

「叱る」「怒る」というのはむしろ逆効果です。

 

 

叱る時は冷静に、また、些細なことでもクリア出来た事があれば

大袈裟なくらいに褒めてあげてください。

 

  • 1日の決め事を作ってあげる

その子の中で、1日のルールのようなものを作ってみるのも良い方法です。

 

そのルールが守れて、なおかつ褒められることで、

その子の中でルールが当たり前の事となり、

物事の分別がつきやすくなります。

 

  • ONとOFFをしっかりと

ご飯を食べながらテレビ・宿題をしながら周りに漫画があるなどの

二重行動になるようなことを避けて、やるべきことがあればそれのみに

向かえる体勢にしてあげましょう。

 

ON・OFFがしっかりすることで、頭の中が整理整頓しやすくなるため、

良い・悪いの分別をつけるのにも良いトレーニングとなりますよ。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ