ADHDの子どもにやる気を起こさせる方法はある?どんな風に声をかけるといい?

目安時間:約 5分

子どものADHDには様々な特徴があり、

接し方ひとつでその症状は

良い方向にも悪い方向にも向かいます。

 

宿題や片づけ、様々なことに接

触的になってくれて、

やる気を出させるには

どんな方法があるのか?

 

今回はADHDの子どもが

様々なことに意欲的に

なってくれるような方法や

接し方などをまとめてみましたので、

さっそくご覧ください。

 

【子どものADHDの特徴】

子どものADHDといっても、

特徴はその子によって異なり、症状は様々です。

 

というのもADHDにはタイプがあり、

「多動性」「不注意型」「衝動性」など、

そのタイプによって症状が変わってきます。

 

▼多動性の主な特徴

・じっとしていられない

・必要以上に発言してしまう

・落ち着かずにすぐに席を立ってしまう

 

▼衝動性の主な特徴

・乱暴になってしまうことがある

・自分の番でもないのに、前へ出てしまう

 

▼不注意型

・忘れ物が多い

・様々なことでミスが目立つ

・集中力に欠ける

・片付けが苦手

 

 

このように、ADHDには様々な特徴があり、

親御さん達は接し方やしつけ方などに

日々奮闘することもあるかと思います。

 

これからどんどん成長していく我が子のためにも、

宿題をやったり、お片付けをしたりと、

何事にも意欲的にやる気を出せる子に

なっていってほしいですよね。

 

ADHDの子どものやる気は、

ちょっとした一声や接し方の工夫ひとつで

グンと変わっていくものです。その方法がこちら!

 

【ADHDの子どもをやる気にさせる方法】

  • 1日の流れを決める

私たち大人にとっても、1日のサイクルを

決めるということは良い事です。

 

1日のサイクルが

しっかりすることで、

無目的な時間が減り、

今何をすべきかを

考える時間などが

生まれていくからです。

 

特に子どもは1日の

スケジュールが無い状態だと、

好きなことだけに走ったり、

我が道を行ってしまいます。

 

1日のスケジュールを

おおざっぱでも構いませんので、

一緒に決めるなどして

カレンダーを作ってみましょう。

 

  • とにかく褒める!

子どもは叱られることが嫌いですが、

ADHDの子どもは

特に叱られることで自分自身に

喪失感を覚えたりします。

 

「どうして宿題も出来ないの!」

「やらなきゃダメでしょ!」

 

こういった言葉を

投げかけてしまっては、

子どものやる気は

どんどん損なわれていきます。

 

どんなに些細なことでも、

出来たら褒めてあげましょう。

 

宿題なども、

いきなり取り組むのではなく、

例えばまずその宿題に類似した

クイズなどを出してあげてみて下さい。

 

算数であれば、

「1+7は?」などと問いかけ、

答えることが出来たらとにかく褒める。

 

そこで、「じゃあこれは?」と、

宿題を見せるなどすると、

やる気スイッチが入った状態で

宿題に取り組むことが出来ますよ。

 

  • 集中力を上げる対策を取る

ADHDの症状の代表例ともいえる

「集中力の欠如」。

 

特に子どもは集中力が短いので、

宿題をやるにせよ、習い事をするにしろ、

段取りを組んであげてください。

 

はい、どうぞ、とドリルだけ与えられても、

なかなか始められない子が多いですから、

何をするのか、終わったらどうするか、

どこまでやったら休憩か、などなど、

 

所々に区切りをつけてあげるのも、

集中力を徐々に伸ばしていくポイントになります。


ADHDの子どものとの関わり方はどうすればいい?どんな関わり方としたらうまくいくの?

目安時間:約 4分

子どものころに起きる可能性のあるADHD。

 

ADHDとは多動性注意欠陥症のことを指し、

脳の一種の障害であるとされています。

 

ADHDといってもいくつかの部類分けがされ、

多動性や不注意型、衝動性など様々で、

じっとしていられずすぐにその場を動いてしまったり、

物忘れが多い、宿題など一つのことに集中して取り組めない、

暴力的になってしまう、などなど、

その部類に分かれて出る症状も様々です。

 

 

そのため、そんな症状となかなかうまく向き合えずに

日々悩んでいるお母さんお父さんも少なくありません。

 

今回はそんな子どものADHDにどう向き合っていけばいいのか?

 

上手く関わっていくにはどんな対応を取ればいいのかなど、

ADHDの症状別に対処法を詳しくまとめてみましたので、

さっそくご覧ください!

 

【ADHDの症状別対処法】

■暴力的な行動を取ってしまう

これは衝動性のADHDに多く見られる症状で、

幼少期であればおもちゃなどの物を乱暴に扱ってしまったり、

小学生になると友人に対して乱暴的な態度を取ってしまう事などがあり、

お母さんもヒヤヒヤしてしまうかと思います。

 

ただ、やはり子どもはそうしたくてしているわけではありません。

しかしやはり学校の先生などはその子に対して怒らざるをえないでしょうし、

お母さんもついつい怒ってしまうと思います。

 

毎回怒られてしまうことで子どもは

「どうしていつも怒られちゃうんだろう」

「自分は他の子と違って悪い子なんだ・・」

と悲観的になっていってしまうため、

感情的に怒るのではなく、しっかりと良くないことは良くないと話をしたうえで、

子どもを優しく抱きしめて、「大丈夫だよ」「悪い子なんかじゃないよ」と、

優しい言葉をかけてあげて下さい。

 

■宿題などの課題に取り組めない

これは、宿題や課題のことよりもやりたいことが優先してしまったり、

集中力がないために起こるとされています。

 

ですので、なるべく子供が宿題等に集中しやすい様、

テレビや漫画などが近くにない環境を作ってあげましょう。

 

また、机の上がいつも綺麗に片付いていて、

勉強道具だけが乗っている状態もまた、

子どもが宿題を取り組みやすくなる方法としておすすめです。

 

■感情に身をまかせ、暴れてしまう

自身の思い通りにならないことがあると暴れてしまう子も少なくありません。

 

暴れる理由には「欲しいものを買ってもらえない」

「ゲーム等で負ける」などがあげられます。

 

万が一子供が暴れてしまった場合は、

一度その場から子どもをなどして環境を変えたうえで、

その気持ちにまず共感してあげてください。

 

子どもは自分に気持ちに共感してもらえないことに

ショックを受けます。

 

何事にもまずは気持ちを理解してあげてから、

一緒に解決策を話し合うなどして、

上手に向き合っていきましょう。

 

子供のADHDをサプリで解決!

スタートは980円から!

詳細はこちら!

 

 


ADHDの子供の正しいしつけについてまとめてみました!

目安時間:約 5分

ADHDの子どもを持つ親御さんにとって、子どものしつけは一苦労。

 

また、様々な症状からどう接していいかわからない時や、

対処が難しいことなどがきっと出てくるかと思います。

 

今回はそんなADHDの子どものしつけについて詳しくご紹介!

 

どういうしつけ方が正しいのか?

 

また、実際にADHDの子供を持つ親がどういったしつけをしているのか?

などをまとめてみましたので、さっそくご覧ください!

 

【ADHDの子どもの正しいしつけ方は?】

▼多動性の場合

多動性ADHDの場合、物を乱暴に扱ってしまったり、友人に対して暴力をふるってしまうケースが見られることがあります。

他人の子にまさかのことがあってはと、保護者の方は気が気じゃないかもしれません。

ですが、どうか頭ごなしに怒らないようにしてあげて下さい。

対処法としては、

 

・まずは理由を聞いてあげる

・正しくないことはしっかりとダメだと教える

・子どもが理解したようであれば、優しく抱きしめてあげたり、

 背中をさすってあげるなどボディータッチをしてあげる

 

先生からも周りからも、そして最後には親からも怒られてばかりになってしまっては、

子どもの気持ちはどんどん落ち込んでいき、

明るい思考が薄れてしまうこともあります。

 

駄目なことはダメと教えてあげることはもちろんですが、

そのあとのアフターフォローを是非してあげて下さい。

 

▼不注意型の場合

不注意型の場合には、例えば物忘れなどが目立ちます。

子どもは決してわざと忘れているわけではありませんので、

忘れ物などがない様、決め事を作ると良いでしょう。

 

・寝る前に明日の準備を一緒に確認する

・本当に忘れ物がないか一緒に朝再度確認する

 

こうしたことを習慣づけるだけでも子どもの忘れ物は減っていきますし、

忘れ物だけでなく他の不注意型の症状に対する対応策へも繋がりますよ。

 

 

【実際にADHDの子供を持つ親はどんなしつけ方をしている?】

ここでは実際にADHDの子供を持つ保護者の方のしつけ法を

まとめてみましたので、さっそく見ていきましょう。

 

◎Aさんの場合

家にはADHDの子どもがいて、特に忘れ物や学校での行事ごとでミスが

多いことが目立ちます。

 

私が実践しているしつけとしては、

毎日寝る前に必ず、明日の準備やすることを一緒に確認するという作業です。

 

楽しそうに、「明日の準備、始まるぞー!」などと掛け声を決めてあげると、

子どもも楽しそうに取り組んでくれるし、本当に忘れ物も減るのでおすすめです。

 

◎Bさんの場合

欲しいものが手に入らない時は、「駄目」「買わないよ」だけでは

不十分なんだと気づきました。

 

うちの子の場合は納得する理由があると、

言うことを聞いてくれるようになりましたが、

おもちゃなど高額なものの場合は、

「お手伝いを5回すると買えるよ~」などと目標を立てて、

達成したら買ってあげるなどして対応しています。

 

◎Cさんの場合

お友達とすぐ喧嘩になってしまう我が子への対策としては、

やみくもに怒らないようにしています。

 

まずは理由を聞いてあげますが、「駄目な事でしょ」というワードが

極力使わないようにし、もし相手を傷つけたのであれば

「じゃあ、○○君、きっと痛かったかな?」

「一緒に謝ってこようか」と、相手の気持ちを考えてもらうようにしています。

 

「ママは○○に痛いことしたくないから、絶対叩いたりしないよ。

○○もお友達に痛い痛いになってほしくないよね?」と、

怒るのではなく、話し合いで解決することがたくさんあります。

 

 

 


ADHD不注意型の子供におすすめのサプリはどれ?

目安時間:約 5分

子どもの頃に起きる可能性のあるADHD(多動性注意欠陥症)には

様々な種類があり、多動性や衝動性、

不注意型などといったタイプが存在します。

 

今回はその中でも「不注意型」について着目してみました。

不注意型とはどんな症状なのか?

 

また、不注意型におすすめしたいADHD改善サプリメントまでを

ご紹介していきたいと思います!

 

【不注意型ADHDについて】

ADHDとは、脳の一種の障害のことを指します。

 

脳は常に情報伝達を繰り返し、私たちの行動や言動までをもスムーズに

してくれているのですが、この情報伝達が上手くいかなくなることで、

脳内がクリアにならずに、ADHD症状を引き起こします。

 

ADHDの症状は様々で、多動性・衝動性・不注意型などによって

症状が異なってきます。

 

今回ご説明する不注意型はその名の通り不注意が目立つもので、

特徴としては、

 

・ミスを繰り返してしまう

・物忘れが多くなる

・段取りを組むことが困難

・目標を立てることが困難

・上の空でいるように見られてしまうことが多い

 

などがあげられます。

 

このような症状が起こってしまう原因は、

脳内の情報伝達が上手くいかないことにあると先ほどご紹介しましたが、

ではなぜ、情報伝達が上手くいかないのでしょうか?

 

それは、情報伝達や脳の活性化に必要な成分が

脳内で不足していることが原因だったんです。

 

その成分こそが、「ホスファジルセリン」というリン脂質成分。

 

ホスファジルセリンは私たち人間の細胞膜を形成してくれる成分で、

体内に栄養素を取り込んだり、逆に体内の不必要な老廃物などを排出してくれる、

大変重要な役割をしてくれる成分となっています。

 

また、ホスファジルセリンには脳への血流をよくし、

脳の活性化をスムーズにしてくれる効果があるため、

その結果、脳がクリアになり、

情報伝達を上手く処理してくれるようになります。

 

他にも良く耳にする「DHA」や「EPA」などといった、

青魚に多く含まれている成分もまた、脳の活性化に最適な成分となっています。

 

【脳を活性化してくれるサプリメント「コドミン」!】

上記のように、脳の情報伝達や脳の活性化には、

ホスファジルセリンやDHAなどが必要不可欠であることがわかりました。

 

そこでおすすめしたいサプリメントが、

ホスファジルセリンを中心に配合して作られた「コドミン」。

 

脳内に必要なホスファジルセリンが1粒に100mg含まれているため、

小量で効率よく摂取出来ると、ADHDのお子様を持つ保護者の方からも

人気のサプリメントとなっています。

 

記憶力や集中力、注意力など、様々な力を生み出してくれるので、

不注意型の改善にもとてもおすすめです。

 

1日の摂取量も少なく、サプリメント自体の味もラムネ味のため、

幼児、小学生などに特におすすめしたいサプリメントとなっています!

 

お値段も980円から購入可能(定期コース選択時)なので、

お試し感覚で始められるのも魅力的です。

 

公式サイトに気になる口コミや詳細などがのっていますので、

是非チェックしてみてくださいね!

 

<コドミンを980円で始めるならこちら>


ADHDの薬について どんな種類がある?どんな副作用がある?サプリメントとの併用は?

目安時間:約 5分

ADHDは主に注意欠如における「命の危険」を

遠ざける為に使用されることが多いですが、

幾つかの種類があります。

 

そこで今回はADHDの治療薬として利用されている薬の紹介をします。

 

日本のADHDの治療薬は基本的に2種類

 

日本のADHD治療薬として使われるのは主に2つの薬です。

 

ADHDの代表的な治療薬1:コンサータ

 

ADHDとして日本で最初に承認された薬です。

 

メチルフェニデート系と言われる薬でコンサータは第2世代にあたります。

 

第一世代のメチルフェニデート系の「リタリン」は依存症などの問題があり、

2008年に使用禁止となっています。

 

リタリンの依存性の問題があってかメチルフェニデート系を敬遠する人も多いですが、

使い方を間違えなければ危険性は少ない薬です。

 

服用後2時間で効果が出るという即効性が特徴の薬ですが、脳に直接作用し、

神経伝達物質の再取り込み機能を抑制する為、専門医でなければ処方はできません。

 

注意すべき副作用は「依存形成」です。

ただし精神依存のみで身体依存は無いとされています。

 

ADHDの代表的な治療薬2:ストラテラ

 

日本で2番目に承認されたADHD治療薬です。

 

メチルフェニデート系とは違い非常に遅効性ですが効果は24時間持続します。

 

こちらは非中枢刺激薬と呼ばれており、脳に作用するのではなく神経伝達物質の再取り込みに関わる

受容体の働きを抑制する事で結果的にメチルフェニデート系と同じく神経伝達物質の量を増やします。

 

主な副作用は

 

「肝機能障害」

「黄疸」

「肝不全」

「アナフィラキシーショック」

 

などで、肝臓で代謝される際に大きな負担を掛けてしまう薬です。

 

2017年からインチュニブが登場

 

2017年に塩野義製薬とシャイアージャパンはADHDの治療薬として

「インチュニブ」を発表しました。

 

インチュニブは非中枢刺激薬の1種でADHDに対する作用機序はまだ明確ではないものの、

非臨床の研究においてはa2Aアドレナリン受容体への刺激によって

神経のシグナル伝達が増強させることが示唆されているものです。

 

初めての選択的a2Aアドレナリン受容体作動薬として期待がされています。

 

サプリと薬の併用について

 

ADHDの薬を飲みながらサプリメントで更に症状を軽減したい。

そう考える保護者の方は多いです。

 

実際に市販されているサプリは「成分」が

そもそも医薬品とは異なる物であり、

摂取量を間違わなければ特に健康問題に発展することはまずありません。

 

ただし「イチョウの葉」といった漢方系のものは

肝臓への負担が大きいですので

必ず医師か薬剤師に併用と適量については相談しましょう。

 

それ以外の「亜鉛(ミネラル)」であったり

「DMAE(前駆体)」であったり

「レシチン(脂質)」等は適用量を守れば大丈夫です。

但し必ず自己責任で取り組みましょう。

 

子供が始めやすいADHDサプリ!

<詳細はこちら>


子供がADHDかもと感じたら?病院の探し方は?小児科?精神科?どちらに行けばいい?

目安時間:約 4分

「あれ?うちの子ひょっとしてADHDかも?」

とドキッとした保護者の方はその瞬間から常に不安との闘いになります。

 

「かもしれない」という右か左かわからない状態は

常に付きまとうストレスです。

 

子供の振る舞いが全部「ADHDかも?」

という不安に結びつくのは決して良い傾向ではありません。

 

「これはADHDなのか?それとも違うのか?」を

診断してもらうには何科にかかれば良いのか?

ここではADHDに関する病院の探し方について解説します。

 

ADHDの専門家はまだ少ない

 

まず、ADHDの専門医は非常に少ないという事実を理解しておきましょう。

そもそも発達障害の診断をしてくれる専門医すら日本にはまだまだ少ないです。

とはいえ、ADHDは社会に認知されつつある病気ですので、今後は間違いなく増えていくでしょう。

 

 

ADHDの診断は「小児科」「精神科」いずれでも可能

発達障害、ADHDの診断は基本的に「小児科」「精神科」のいずれでも可能です。

 

元々、発達障害もADHDも保護者が確認の為に連れていくというよりも、

診察時の様子で医師側が気付く事も多く、

結果的に「小児科」での診断確定が多かったのです。

 

逆を言えば「発達障害」「ADHD」等の児童疾患を

専門にしている医師がそれだけ少なかったという事です。

 

2008年には専門性の高い児童精神科が誕生した

 

ADHDか否かを小児科で判断される事に

抵抗のある保護者の方も多いです。

かといって精神科というのは敷居が高くて気軽に足を運べない。

 

そんな状況でしたが2008年に「児童精神科」というより

専門性の高い診療科が生まれました。

 

主に15歳以下を対象とした発達障害やADHDを含む

心身の疾患を専門とする診療科です。

 

「この子はADHDなの?」と不安ながらも小児科や精神科はちょっと、

という保護者の方は児童精神科の受診を検討しましょう。

 

まだ新しい診療科ですので数は少ないですが、

手厚い診療が期待できますのでお勧めです。

 

医師単独での診断よりも、チーム体制で診断にあたる院も増えています。

 

 

「児童青年精神医学会」では認定医制度も始まっている

児童精神科の誕生だけでなく、専門医の認定制度も進んでいます。

日本児童青年精神医学会では「認定医」制度を立ち上げており、より高度な知識と経験を持った医師を紹介しています。

また「児童思春期外来」という気軽に相談しやすい窓口を設置する病院も増えており「我が子のADHD」に対して不安を感じてる保護者が自分を追い込まなくてよい環境が整ってきています。


タグ: 

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

ADHDは遺伝する?遺伝との関係性は?

目安時間:約 4分

ADHDは家族間で遺伝をする疾患なのか?

 

自分自身がADHD,発達障害と診断をされている場合は

子供への遺伝はとても気になります。

 

そこで、ここではADHDと遺伝に関しての紹介をします。

 

ADHDは遺伝性があるとされている

 

ADHDは現時点では「遺伝的な発症もある」とされています。

 

ですが、まだ「ADHD発症の引き金」となる「遺伝子の異常」については

研究中となっています。

 

その為「親子間」での発症リスクは高いですが

「遺伝子の異常」によるものかどうかの線引きはまだされていません。

 

 

遺伝性の根拠は「親子間」での発症というデータ

 

ADHDは遺伝による発症も考えられる。

 

医学界ではそういった意見も多いですが、

その「ADHDの遺伝性」を証明する根拠は

主に「家族性」の発症履歴です。

 

つまり「親がADHDの場合に子供にもADHD

が発症する可能性が高い」というものです。

 

ですので、現時点では「ADHDを引き起こす原因遺伝子」が

明らかにされた訳ではありません。

 

 

遺伝原因論は「環境要因」と「家族性」の明確な区分が求められる。

 

親子間でのADHD発症が多い。これは「遺伝」の可能性と同時に

「環境性」による可能性も出てきます。

 

つまり「ADHDと診断を受けた親と同じ生活習慣の中で生活をする事によって、

ADHDの症状とされる行動が日常となった」というケースです。

 

これは肥満、高血圧、飲酒率、喫煙率、虐待の循環など、

実に様々な点において「家族性・環境性」による親子間の一致が見られます。

 

そして上記の肥満、高血圧などについても

「遺伝性」は未だに議論されている状態です。

 

ADHDもまた「遺伝」の問題については

「ADHDの引き金となる遺伝子の問題」が明確になった訳ではありません。

 

その点に関しては今後の研究が待たれています。

 

 

ADHDを抱えたからといって親になる事を恐れるな!

 

ADHDはまだ遺伝性については議論の真只中です。

 

ですので、自身が過去にADHDと診断をされた、

また大人になってからADHDと診断をされたという場合、

親になる事に躊躇する人も出てくるでしょう。

 

ですが、ADHDを恐れて親になる事を諦めてはいけません。

 

ADHDであったとしても社会の中には輝ける場所があります。

その人にしかできない役割が必ずあります。

 

日本はとかくADHDか否か、という点に拘る傾向がありますが、

そんなことより「自分の子供が輝ける場所はどこか?」

 

「自分の子供はどんな点に優れているのか?」

といった子供の全てを受け入れて、理解する事です。

 

そして、社会の中で「立派に生きる力」を育む事に注力しましょう。


タグ: 

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

ADHDの子供にはどんな習い事をさせるといい?おすすめの習い事は?

目安時間:約 6分

今回はADHDのお子さんに適した

習い事についての紹介をしたいと思います。

 

ADHDのお子さんの習い事で

親が受け入れるべき大原則。

 

まず、どの様な習い事をさせるにしても、

保護者が先に頭に入れて

おくべきことがあります。

 

〇教育目的で習い事をさせない
〇できたことを褒めてあげるスタンス
〇親だけは子供を否定しない

 (逸脱を注意こそすれ叱らない)

 

この点が抜けてしまうと、

ADHDの子供はあっという間に

興味を失います。

 

ADHDのお子さんに

向いている習い事は

以下の特徴を備えたものです。

 

<ADHDのお子さんに向いている習い事の特徴>

 

〇自分一人で取り組めるもの
〇納得いくまでひたすら没頭できるもの
〇感性を大切にできるもの

 

この条件を満たしている習い事を紹介します。

 

1.プログラム言語

 

集中力と想像力を磨ける教室です。

関心を示せば大人顔負けの

プログラムコードを書き上げます。

 

2.工作などのモノづくり

 

感性を磨ける習い事です。

セオリーは気にせず本人が

作りたいとする物を

とことん作らせてあげましょう。

 

達成感と満足感を感じ取れます。

 

3.ダンス

 

自分と向き合える全身運動です。

鏡があれば何処でも楽しめる習い事です。

本人が納得いくまで

とことん後ろで見守ってあげましょう。

 

4.水泳

 

こちらも自分と向き合える全身運動です。

納得するまで自由に泳がしてあげられます。

 

 

ADHDのお子さんには向かない習い事

 

一方、ADHDのお子さんは

「自分の関心が無いもの」への

集中力は突然途切れたりします。

 

ですので、集団競技などの

「チームプレー」が必須となる

習い事は避けた方が良いでしょう。

 

1.野球

 

バッティングはともかく、

守備でムラが出てしまうと

チームに迷惑が掛かります。

 

2.バスケットボール

 

展開の早いスポーツですので、

集中力が途切れると

怠慢プレーとなってしまいます。

 

3.サッカー

 

ポジションプレーが大切なので、役割の放棄は

チーム全体に影響を及ぼしてしまいます。

 

4.バレーボール

 

こちらも一人一人の役割が

異なる競技ですので、

役割の放棄はチーム全体に

影響を及ぼします。

 

以上の集団プレーとなる競技は

本人が余程興味が無い限りは避けましょう。

 

周囲の保護者との関係が

複雑になる可能性が出てきます。

 

 

ADHDを改善させる習い事

 

1.ボーイスカウト・ガールスカウト

 

集団行動を学ぶ場としては

「ボーイスカウト・ガールスカウト」は

とても最適です。

 

「互いに助け合って困難を乗り切る」

という基本哲学が

ADHDを持っている子供も

受け入れてくれます。

 

集団全体にとって「ADHD」は

些細な事なのです。

 

また、活動自体がアウトドア主体で

「その日限り」の

イベントとなる事が多く、

子供にとっても楽しい

集団生活の場となります。

 

学校生活やクラブ活動の様な

「毎回同じ事の繰り返し」では

無いという事は

ADHDの子供にとっては

とても良い新鮮な刺激となるのです。

 

2.地域の子供会

 

自治会主催の子供会などは

習い事とは少し異なりますが、

ADHDの改善の為にはとても有効です。

 

〇集団生活を緩く経験させる

〇保護者が同席しやすい

〇周囲に理解者が多い(同じ地区の為)

 

その様な「既に理解のある環境」

での集団行動となるので

周囲のフォローが手厚くなります。

 

また親としても周囲への気遣いが

最小限で済むので

一番最初の集団行動としては

適しているでしょう。

 


子供のADHDはどんな症状をさしますか?

目安時間:約 5分

「子供ならでは行動」をするからこそ、

成人のADHDよりも子供のADHDの症状に関しては、

慎重に考えていかなければなりません。

 

ここでは子供のADHDに良くある症状を紹介していきましょう。

 

ADHDの症状その1:動かずにはいられない、そわそわしている

子供のADHDの症状の中で一番多いのは「そわそわしている」

「動かずにはいられない」というものです。

 

ADHDの子供の場合は自身の欲求を素直に満たそうとするものですので、

 

「あれをしたい」

「すぐに聞いてほしい、会話がしたい」

「あの場所に行きたい」

「すぐに行いたい」

 

などという風に、自分の欲望を即座に満たそうとしたがります。

 

また「興味が出ない事」については集中力が発揮されにくくなりますし、

「行いたくない」という意思が明確に表れます。

 

ですから「自身を抑える行動」、

つまりは自分の嫌な事でも耐えて行うという事ができず、

ウロウロしたりそわそわしたりと「周囲からは自分勝手に見える行動」が

増えてしまいます。

 

ADHDの症状その2:場の雰囲気が読めない、身勝手に見える発言が多い

「自身の欲求に忠実」なのがADHDの子供ですから、

「自身と周りの人達の調和」を取る事が不得手です。

 

日本的な表現をすると「空気を読む」という、

言葉を交わさないコミュニケーションが不得手なのです。

 

ですから、「何を言えば良いのか分かった、

どう返答すれば良いのか分かった」

段階で最後まで相手の言葉に耳を傾ける事が

辛くなってきてしまうのです。

 

そして、発言が終了していない段階で、

相手に割り込む形で返答してしまう事も良くあります。

 

会話の効率は良いのかもしれませんが、

「話を遮られた」と相手側が感じるのは当然の事ですから、

相手を嫌な気持ちにさせてしまいます。

 

「自身が伝えたい事をすぐに聞いてほしい」という意識が

前面に押し出されたがゆえにこうなるのです。

 

悪意は当然ありませんが、他人とのコミュニケーションを

取る上で支障が出てしまうケースが良くあります。

 

ADHDの症状その3:物忘れ、忘れ物が目立つ

「忘れ物」や「物忘れ」が目立つのもADHDの子供の性質です。

例えば学校関係においては、

 

ハンカチをどこかに置いてきてしまう

定規や筆箱などの持ち物を忘れる

布巾、習字用具などの普段あまり使用しない道具を忘れる

プリントを親に見せる事を忘れる

連絡帳を親に見せる事を忘れる

 

などの、実に「少し気を付ける事で減らす事のできる」

忘れ物が大半です。

 

「興味のある事」について気持ちが集中している事が

原因で生じてしまう事であり、「興味のない事」については

ADHDの子供は気持ちをあまり向けないのです。

 

それが要因で生じる「うっかり忘れ」なのです。

 

ADHDの症状4:酷い駄々をこねる

酷い駄々をこねるのも子供のADHDの症状の特徴です。

すぐに行いたい、見たい

今すぐにあそこに行きたい

どうしても食べたいお菓子がある

どうしても手に入れたいおもちゃがある

 

このような欲望を抑える事が難しく、

何としてでも実現させようとします。

 

子供なら誰しも「駄々をこねる」可能性がありますが、

その程度が酷くなるのがADHDの子供の性質です。

 

大きな金切り声をあげる

手すりにしがみつく

床に寝転がる。

 

など、近くにいる保護者ではどうにもできない規模の駄々をこねます。

そして、親が叱ったり注意したりする事をきっかけに、

さらに駄々のこね方が悪化する事も多いです。

 

ここまで、子供のADHDの症状の中で

良く見られるものを紹介しました。

ご参考になれば幸いです。


タグ: 

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

子供がADHDかチェックする方法は?

目安時間:約 5分

子供のADHDをチェックする方法について

「ADHDです」と初診で即座に判断される事はまずありません。

 

子供のADHDの判断には慎重さが要求されるからです。

 

子供の様子を目で見てチェックして、

親からは子供の学校生活や家での生活の事などを細かくヒアリングして、

丁寧に判断するのです。

 

では、専門医はどのような部分に重点をおいて

ADHDか否かを判断しているのでしょうか。

 

確認手段1:家での様子

 

家での子供の様子がADHDかどうかを判断する上では大切です。

 

・保護者との約束を当日に忘れる

・遊んでいる最中に、別のおもちゃに心変わりしやすい

・叱られている事を認識していても、話に最後まで集中できない

・上の空で、すぐそばで話しかけても頭に入っていない

・会話の最中に興味が別の事に動く

・最後まで話を聞く事ができない

 

子供がADHDだとこのような事が多くなり、

それが「たまに」ではなく「毎日」の事になってしまいます。

 

ただ、これは小学校に入る前くらいの活発な子供には、

誰しも多かれ少なかれある事なので、

これだけで「私の子供はADHDだ」と

決めつけるのは止めましょう。

 

確認手段2:学校生活での態度

 

学校の中での過ごし方もADHDかどうかを

判断する上ではとても大切なポイントです。

 

・遠足等で集団行動ができない事が多い

・先生から聞かれた事の意味が分かっていない場合が目立つ

・授業中にイスから離れてしまう

・非常に運動が不得手

・プリントや連絡帳などの忘れ物が多い

・発言に一貫性がない

・相手の発言に自分の発言をかぶせてしまう

・友人との会話のやり取りが上手くいかない

 

学校での集団生活中で、このような状態になっているかどうかも

重要な判断基準となります。

 

「決められた行動」を取る事がADHDの子供には難しく、

初めは我慢できていても、だんだんと「ルール内の行動」をしたくなくなり、

身勝手な行動が増えてしまいます。

 

ただ、小学生になった直後に

このような状態になる子供は珍しいです。

ことに幼稚園から進学してきた場合は、

机に長時間座っている日々は未経験ですから、

上記のような行動はあまり取りません。

 

ですから、最低でも小学生になってから2ヶ月か3ケ月程度は経ってから、

ADHDかどうかの判断を始めるのが普通です。

 

ここまで、学校・家での生活の中での確認項目をざっとお伝えしました。

 

実は小学生になる前の子供の場合は、

ADHDの確認項目にいくつか該当するのは当然の事であり、

それが医療機関での共通認識となっています。

 

ADHDに対して日本人はやや繊細になっていますが、

確認項目に少しくらい該当するからと言って、

すぐに「ADHDなんだ」と決めてかかるのは止めましょう。

 

他人とのコミュニケーション能力、集団生活での(暗黙の)ルールなどは、

普通は成長と一緒に身に付けていくものです。

 

ですから、単純に当てはまるか否かではなく、

「その項目において進歩がない」という時に、

ADHDであると判断される事が多いです。


ページの先頭へ