ADHDの子供への正しい対応は?接し方は?

目安時間:約 5分

ADHDは発達障害の一種であり

「そわそわしている」「しつけができていない」と

思われてしまうかもしれませんが、

あくまで脳神経にトラブルがある事が要因で生じる症状ですから、

当人に悪気があるわけではもちろんありません。

 

ですから、脳神経に動きに問題がない人の

固定観念の下で接してしまっては、

ADHDの子供に無益な圧力を掛けるだけです。

 

では、ADHDの子供にはどのように接するのが適切なのでしょうか?

 

ADHDの事を大人側が正しく理解する

 

まずは「ADHDの事を大人側が正しく理解する事」が

ファーストステップです。

 

・ADHDとはそもそも何なのか

・ADHDによりどのような事が身体に生じているのか

・ADHDの子供はどのような事で苦しむ事が多いのか

 

ADHDの事で最も辛い思いをするのは本人であって親ではありません。

 

ですから、まずは大人側がADHDについてきちんと学び、

情報交換などする事で子供をサポートしましょう。

 

そうすることで、子供の苦しみを軽減する事ができるはずです。

 

「できない事」は叱責しない

 

「我慢できない」「行いたくても行えない」という事がADHDの子供には多いです。

 

これは集団生活のルールを身に付ける場所(小学校、保育園など)が

「ADHDの子供が存在している」という事実を前提とする事が

できていないからです。

 

原則「脳神経の動きに問題がない子供」だけが

過ごしやすい状態になっているのです。

 

ですから「休み時間以外」の集団生活の折に、

ADHDの子供が上手に過ごしにくくなるのは当たり前の事なのです。

 

それを「このような行いをすべき」「他の子供はできている」と

大人側の認識に当てはめて叱責する事はNGです。

 

ADHDの子供を拒絶する行動に他なりませんし、

ADHDの子供が生活領域を無くす事に繋がってしまいます。

 

「良かった事を褒めて成長させる」事が大事

「興味が持てない事」に関してADHDの子供が集中力をキープする事は難しいです。

ですが興味が持てる事に対しては、大変秀でた集中力と能力を披露する事も多いです。

 

周りの人間の態度のせいでADHDの子供は自分に自信が持てない事が多いです。

 

ですから、得意な事で実力を発揮しているのであれば

「素晴らしい!」と「できたこと」を認識させて

褒めてあげるようにしましょう。

 

「できなかった事」を持ち出して、「次はあれも行えるようになろう」

という態度はふさわしくありません。

 

適切に褒める事でADHDの子供は自分自身に自信が持てるようになり、

認めてくれる保護者などの存在が支えになるのです。

 

子供の個性を認める事

「脳神経のトラブルから来る障害がADHDである」という見方もありますが

「ADHDは個性である」という見方もあります。

 

「とあるフィールドでなら活躍できる少数派」なのがADHDの子供であり、

多数ではないという「単なる事実」があるだけなのです。

 

「周りの子供と同じように」とADHDの子供を、

周りに合わせるように躾などをしようとする親が大半ですが、

それは裏を返せば子供の可能性を摘み取ろうとしている行為でもあるのです。

 

それよりも「個性の1つなんだ」とADHDの事を認識して、

当人が活き活きできるフィールドを共に見つけてあげるのが最適だと思います。

 

ここまで、ADHAの子供に対する適切な対応を紹介しました。

ご参考になれば幸いです。


ADHDが疑われる年齢は何歳から?

目安時間:約 5分

そわそわしている事が多い自分のお子さんを見ていると

「どれくらいの年齢からADHDになるものなのか」

という事が気になるはずです。

 

さて、ADHDはどの程度の年齢から発生するものなのでしょうか。

 

ADHDが起きる年齢

 

まず、ADHDは「障害」であって「疾患」ではないというのが現状の定義であり、

血液テストや画像診断などを用いた、

揺るぎない「判断基準」は存在しません。

 

そして、ADHDの場合は「未成熟の子供ならではの行動」が多いため、

「いつからADHDだったのか」という判断をするのが大変難しいのです。

 

「ADHDの判断項目に該当する子供自体」は、

小学生になる前の幼稚園・保育園児には大勢存在します。

 

幼稚園・保育園生くらいまでは、

全員が「ADHDかもしれない」と疑ってかかる事が

できなくもないのです。

 

「発生」よりも「成長しない」のがADHDの判断基準です。

 

「どれくらいの年齢から発生するのか」という視点で考えていても、

ADHDの本質を知る事はできません。

 

「年齢に見合った成長が伺えない」というのが、

ADHDかどうかを判断する上では重要な基準となります。

 

さて

集中力が散漫

他人の話に耳を傾けられない

そわそわしている

 

など、人間はみんな「未成熟な状態」で誕生します。

「赤ちゃん」であればそれが正常です。

 

ADHDであると判断されるのは、その「赤ちゃん」の状態で

身体だけが成長したケースです。

 

ADHDを文部科学省の定義から探る

 

文部省は

「ADHDは7歳以前に発現し、その状態が続き、

機能異常が中枢神経の何らかの原因により起こる」

とADHDの事を定義しています。

 

7歳以前に症状そのものは発現する

それが続く

機能異常が中枢神経の何らかの原因により起こる

 

つまり「7歳より前にADHDが発現する」のは正常な事であり、

「それが続く」事こそが問題なのです。

 

「続かない」のであればADHDとは見做されません。

 

7歳になってから(小学生になって以降)も、

成長が乏しい・状態が良くなっていないという際に

「ADHDである」と判断される可能性が出てくるのです。

 

「ADHDかもしれない症状そのもの」は7歳よりも前に発生しますが、

それが子供ならではのものでしかなかったのか、

ADHDだったのかは、7歳以降からようやく判断できるようになるという事です。

 

以下、まとめです。

 

小学生になる前からADHAを疑問視される症状そのものは発生するが、

明確に年齢が決められているわけではない。

※自閉症等のサインは3歳までに生じるとされている。

 

文部省は「7歳以降からADHDかどうかを判断できるようになる」としている。

それより前の段階では「疑いがある」という表現がふさわしい。

 

つまり:7歳以前でもADHDになっている場合があるが、

実際に判断できるのは7歳になってからとなります。

 

7歳以前の子供の状態からは「ADHDなのかと疑問視する」事までが限界です。

 

ここまで、どれくらいの年齢からADHDが発生するのかという事を紹介してきました。

ご参考になれば幸いです。

 

 


ADHDと食事には深い関係性があるって本当?

目安時間:約 5分

食生活がADHDの引き金になる?

 

といった声は昔からあり、現に食生活とADHDの関係性について

探ったり意見を述べたりしている研究者は大勢います。

 

ただ「関係はある」という意見も「関係はない」という意見も存在しており、

「ADHDと食生活」について、医学的に明確な定義づけは成されていないままです。

 

現状、医学的には「フレッシュな野菜とフルーツをメインとした食生活」を、

ADHDに関しての最適な食生活であるとしています。

 

単純に言えば「健康に良い食生活を送りましょう」という事です。

 

ただ、各種研究の元「ADHDと関係があるのではないか」と

思われている食品は、いくつか存在しています。

 

そこでは、ここでは「ADHDに関係すると言われている

「避けた方が良い」食品」

についてお伝えしていこうと思います。

 

ADHDと関係すると見られている食品は?

 

○砂糖

 

「ADHD」、「多動障害・注意欠陥(AD/HD)」、

「鬱」などの障害・病気に密接に関係していると言われています。

 

よく取り沙汰されているのは砂糖ですが、

「ADHDには糖質全域が密接に関係している」という意見を

持っている研究者も大勢います。

 

○合成着色料

 

ADHDと「黄色5号、黄色4号、赤色102号、赤色40号」などが

関係しているのではないかと言われており、

イギリスでは規制されています。

 

その他、日本では重宝されているタール色素なども

関係しているのではないかと言われています。

 

現状国外の規制と比較して、国内に合成着色料に関する規制はかなり甘く、

「海外では危険視されていて使われていないが、

日本では使われている合成着色料」も多いです。

 

ADHDの事のみならず、健康面が心配な場合は

世界全体の事を判断基準にした方が良いと思います。

 

○人口調味料

 

ADHDとの関係性が特に疑問視されているのは「人工甘味料(アステルパーム等)」です。

 

人工甘味料の大半は世の中に出回るようになってから歴史が浅く、

未だ分かっていない部分が多いと考えている専門家が大勢います。

 

「ADHDとの関係性」についても分かっていない部分が多く、

疑問視する声は多いです。

 

どうしても心配な場合は天然の甘味料(メープルシロップ、ハチミツなど)を

メインに使うようにしましょう。

 

砂糖とは異なり、単糖類ですから健康にも非常に良いです。

 

○グルテン

 

小麦に含有されているたんぱく質の仲間である「グルテン」は、

国外では砂糖よりも危険視されています。

 

「ふくらし粉」が国内では馴染み深いはずです。

 

腸内フローラに関してグルテンが良くない影響を与えると言われていますが、

近年「ADHDと腸内フローラは密接に関わっている」という発表が成されました。

 

ですから、グルテンはADHDに関係する食品であると見られているのです。

 

ここでは国外で公に明かされている研究結果をメインに解説してきました。

 

ちなみに、日本は食品とADHDの関係性についての研究で

遅れを取っているというのが現状です。

 

ADHDと食品の関係性についての研究が進む事が期待されています。

 

ここまで、食品とADHDの関わりについて紹介してきました。

ご参考になれば幸いです。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


サプリはADHDに効く?種類は?子供に向いているサプリメントは?

目安時間:約 5分

ADHDのお子さんのご両親にとっては、

ADHDに効くと期待されているサプリの存在が

重要になってくれると思います。

 

ここでは、ADHDに効くとされている成分と、

子供に向いているサプリについてお伝えしていきます。

 

ADHDに効くとされている成分

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

 

魚に豊富に入っているので日本人はそれなりに多く摂ってきましたが、

近年の日本人の食生活は肉食がメインになっているので、

DHAを摂る量が少ない日本人が多くなっているはずです。

 

脳の中にある不飽和脂肪酸であり、

脳関門を突破できる事などを根拠に、

脳の神経活動を元気にする効果があると言われています。

 

PS(ホスファチジルセリン)

 

ADHD向けのサプリとして米国などでは有名な成分です。

 

お年寄りの認知症の発症率を下げたり、

発症を遅らせたりする効果もあると言われています。

 

PSを60日間毎日200ミリグラム摂取する事で、

ADHDの症状が良くなったという研究結果も存在しています。

ADHDに関しての実績が伴う成分は、今のところレアです。

 

DMAE(ジメチルアミノエタノール)

 

DMAEもADHD向けのサプリとして米国などで重宝されています。

 

神経伝令物質である「アセチルコリン」の前段階の成分であり、

コリンと非常に似た構造をしています。

 

DMAEに関しては現状分かっていない事が多いですが、

「集中力のアップ・キープ」効果を摂取する事で短期的に得られるとされています。

DMAEに関する積極的な研究が求められています。

 

ADHAに効くとされている成分についてお伝えしました。

 

そして、ここでは研究が盛んな「PS」についてのサプリの中で、

日本産で安全性の高いサプリを

おすすめのサプリ」として挙げていきます。

 

コドミン

 

大豆から採取できるPS(ホスファチジルセリン)が

1粒当たり100ミリグラム入っているサプリです。

 

米国ではPS関係のサプリが広く出回っていますし、

先述の通りADHDに関係する研究において

「研究実績」が伴っている珍しい成分でもあります。

 

プラシーボ比較テストにおいても

 

短期記憶

注意欠陥

衝動性

 

などについて、明確な効果(有意差)が数字として表れています。

サプリ王国の米国で実証が行われているという事からも、

コドミンには多大な期待が寄せられています。

 

リパミンPS

 

こちらにもホスファチジルセリン(PS)が

1粒当たり100ミリグラム入っています。

 

また、リパミンPSにはPS以外にも、

子供の健康に良い成分がたくさん入っています。

 

ビタミンB12:神経伝令物質の合成補助

葉酸:神経伝令物質の合成補助

ビタミンB6:神経伝令物質の合成補助

L-トリプトファン:多動症状をブロックする作用があると言われている

L-チロシン:神経伝令物質(ドーパミン等)の元となる成分

 

等が入っています。

 

いずれも普通の食生活では足りなくなる傾向にある成分ですから、

コストパフォーマンスの良いサプリであると言えるはずです。

 

上記の日本産のサプリはどれも「1粒当たり100ミリグラム」という

配合量になっていますが、米国の研究によれば「毎日200ミリグラムを摂っていく」のが

良いとされていますので、その点を意識しておくと良いと思います。

 

ここまで、ADHDに効くとされている成分とおすすめのサプリを紹介しました。

ご参考になさってみてください。

 

980円で始められるADHDサプリ!

<詳細はこちら>

 


ページの先頭へ