ADHDの子供がパニックを起こした時の対処法は?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は1度パニックを起こすと

中々落ち着いてはくれません。

 

プライベートな空間であれば

特に問題はありませんが、それが公共の場になると

一緒にいる保護者には大きなストレス・負担と

なってしまいます。

 

ですが、そこで無理やり大人しくさせようとしても逆効果です。

火に油注ぐ形になるだけでしょう。

 

そこで今回はADHDの子供がパニックを

起こした時の対象法について紹介をします。

 

■「パニック」には必ず原因があるのでそれを見極める。

ADHDの子供がパニックになるのは

「状況に適応できていない」からです。

 

目の前で起こっていること、

あるいは要求されていることが

本人の心キャパシティ・オーバーとなっており、

ひとつの物事を自分の中で処理する前に

次の物事が舞い込んでいるような状況、

つまりは「心の自転車操業」になっています。

 

そんな状態である事を考えず

「冷静に適応・対応すること」を

求めてしまうと更にパニックを助長するだけです。

 

必ず周囲が「何故?何が?」と

当人のパニックの原因を絞り込むようにしましょう。

 

■対処するのは子供ではなく周囲の人間

ADHDの子供がパニックを起こしている場合に

取れる解決策は主に二つあります。

 

1:その状況から遠ざける

2:大人などの頼れる存在が間に入る

 

基本的にADHDの子供のパニックは

このいずれかの対応で解決がつきます。

 

ただし、今後の事も考えて

「パニックを落ち着かせる」という結果にだけ

拘るのではなく「どうしてこんなことになったのだろうか?」と

細かい因果関係を見直すようにしてください。

 

その経験が今後に必ず活きていきます。

 

■解決策1:その状況から子供を遠ざける

状況から遠ざけるというのは

パニックの原因環境から一旦離脱するということです。

 

集団や状況から一旦距離をおいてリラックスを促します。

外から強制的に環境を変えていく方法です。

 

子供は押し寄せる要求や情報の波が収まった時点で初めて

「心の整理整頓」が可能となります。

 

後はゆっくり落ち着かせたら大丈夫です。

 

■解決策2:大人などの頼れる存在が間に入る

大人などの頼れる存在が間に入るとは、

環境から引き離すのではなく

「誰かが状況を引き継ぐ」という事です。

 

パニックを引き起こしている状況を

コントロールできる人間が

ADHDの子供の代わりに対処し、

子供に対して安心感を与える形になります。

 

「もう大丈夫、後は任せろ」というメッセージを

しっかり子供に伝える事が大事です。

 

ADHDの子供が話す事ができなくなっている場合には代弁をし、

作業が上手にできていない場合は作業を手伝うなど、

環境から引き離さなくても状況を変える事で問題を解決します。

 

■ADHDの子供をプレッシャーから解放してあげればOK

とにかくADHDの子供がパニックになる場合、

目の前の状況に対応しきれていない

「情報のオーバーフロー」であるケースが多いです。

 

ADHDの子供は不安や焦りとは相性が余り良くありませんので、

そうした「心の負担」が考えられる場合は予め

「万が一」のケースを幾つか考えた上で見守るのが最善でしょう。

 

パニックを起こしたことに周囲がパニックを起こしていては

状況は余計に混乱します。

 

それよりも「パニック要因」を予め先読みしておき、

状況が動いたとしても冷静に対処できる様にしておけば

パニックはさしたる問題ではなくなります。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ページの先頭へ