ADHDの子供に時間管理を上手にさせる方法はある?

目安時間:約 5分

ADHDの2大症状の1つ「注意欠陥」は、

時間に対する注意力も散漫になります。

 

その為「約束事」等の時間の厳守が

非常に苦手なのがADHDの子供の特徴です。

 

これは結果としては「時間を守れない」

という形になっていますが、

ADHDの子供にとっては「時間を守っていない」のではなく

「他の事に夢中になっていた」「他に優先すべきものがあった」

「約束事に興味がなかった」という感情の結果に過ぎません。

 

このADHD特有の心情を汲み取らずに

「ADHDであっても約束事は約束事」として

守らなかった事実を責めると子供は余計に

殻に閉じこもってしまいます。

 

「時間を守らなかった」ということよりも

「嫌なことを押し付けられた」という感情が

強くなってしまうからです。

 

そこで今回はADHDの子供に時間管理を

上手にさせる為の方法について紹介をしていきます。

 

時間管理を上手にさせる方法1:ちょっとした御褒美をセットにする

ADHDの子供は基本的に「目の前のこと」

で精一杯なことが多いです。

 

ですので、先の決まりごと・約束事は意識の外に

出てしまうケースが非常に多くなります。

 

そこで時間を守った場合に子供が大好きな「何か」を

プレゼントすると「時間を守る=自分にメリットがある」と

感じて守るべき時間を守る様になります。

 

ただ、これは「目的のために時間を守るだけ」

となってしまう場合もありますので、

あくまで先方に迷惑をかけるわけにはいかない、

という様な場合に限定して活用すべき方法となります。

 

時間管理を上手にさせる方法2:予め遅刻を組み入れた時間設定をする

ADHDの子供は本当に時間管理が苦手です。

 

ですので、苦手なことを無理にさせるよりも

身近な大人が少しだけ先回りして時間管理を

上手にできるように訓練をしていくのが適切です。

 

最初からテキパキと動ける子供は少ないですので、

最初はかなり余裕を持って時間管理に取り組みます。

 

予定時刻を本来の予定時刻の1時間前くらいに設定して

本人に時間管理を促すくらいで良いでしょう。

 

最初は平気で遅刻していた子供も、

段々と遅刻の時間が短くなっていき、

最後は予定時刻をしっかり守れるようになるケースが多いです。

 

ADHDの子供も経験と共に成長します。

ただ時間管理に関しては少しマイペースなだけなのです。

 

時間管理を上手にさせる方法3:時間を守ったことを成功体験として感じさせる

ADHDの子供に時間管理を学んでもらう為の

1番の王道がこれです。

 

最初は守れなくて当たり前。

それが守れた場合にはしっかりと褒めてあげること。

遅れたことは責めずに守れたことをただ褒める。

新卒社員の育て方と同じです。

小さな成功体験を積み重ねる事で

自分に自信を持ってもらいます。

 

それによって「時間を守る」という概念が

芽生えてくれば、後は周囲が気にしなくても

「守るべき時間」をしっかり守れるように成長していくのです。

 

大切なことはとにかく「しっかり褒めてあげること」です。

 

以上、ADHDの子供に時間管理を上手にしてもらう為の

方法についてまとめました。

 

ADHDだからと諦めることはありません。

ADHDは別に時間管理ができない病気ではないのですから。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供の偏食を治す方法はある?

目安時間:約 5分

基本的には「多動」「注意欠陥」という2大症候が

知られているADHDですが、

実は「偏食」という特徴も見受けられます。

 

ADHDで偏食?と疑問に感じる保護者も多いですが、

基本的には「関心事にはのめり込み、

関心のない事には興味がわかない」という

ADHD特有の症状の延長線にあるものだと

考えるとわかりやすいです。

 

そこで今回はADHDの偏食について、

ADHDの子供の偏食を治す方法についての紹介をします。

 

■ADHDの子供の偏食は「嫌い」な何かが潜んでいる

ADHDの子供はADHDではない子供に比べて

「好き嫌い」の感情がはっきりと出てきます。

 

それは「食事」においても同様です。

 

自分が関心のある「好きな」食品は

何度でも食べたがりますし、

一方で自分が関心がない、むしろ「嫌い」と

感じた食品に関しては食べるのはもとより、

時には見るのも近づくのも嫌というケースも出てきます。

 

その「嫌だ」という感情の表現方法こそ

強めかもしれませんが、その根っこは

ADHDでない子ども達の偏食と何ら違いはありません。

 

何も遺伝子の問題によって起こる偏食では無いのです。

だから「何が嫌いなのか」をしっかりと

把握した上で対応すれば特に問題はありません。

 

■理由1:食品の匂いが嫌だという場合

好きな人にはたまらない「食品特有の匂い」ですが、

嫌いな子供にとっては全く不快感にしかなりません。

 

それはADHDの子供でも同じことです。

 

もし、偏食の原因が「食品の匂い」である場合は

生で出さずに加熱調理や煮込みによって

特有の風味を飛ばしましょう。

 

素材の味を活かせないのは残念ですが、

食べさせる事を優先するなら

今は「食べる」事にだけ集中すべきです。

 

■理由2:食品の歯応えが嫌だという場合

生野菜やキノコ類などの独特の歯応えが嫌だという場合、

煮込んで柔らかくする、刻んで原型を留めないくらいにして

混ぜ込むといった方法が適しています。

 

誰もが一度はやったことがある

「カレーの中に野菜を刻んで入れる」のは

その代表例です。

 

煮込めば歯応えはなくなる上に栄養が

全て溶け込むので特にデメリットもありません。

 

■理由3:食品の味が嫌だという場合

野菜に多い理由となりますが

「味がもう駄目」という場合は

調味料で上手に味を変えてしまいましょう。

 

「この食品=この味」という固定観念を

吹き飛ばす良い機会にもなります。

 

形を見た瞬間に味を固定観念で固めてしまう場合には

細かく刻むなどの方法で

「知らない間に食べて美味しいと感じていた」

という既成事実を作るのが効果的です。

 

「こんなに美味しいんだ」と

本人の苦手意識が薄らいでいきます。

 

以上、ADHDの子供が偏食だった場合の

対処法を紹介しました。

 

ADHDだからといって偏食のメカニズムが

特有ということはありません。

 

あくまで感じ方がより繊細になっているだけです。

 

ですので、難しく考えずに身近な方法で

「少しずつ食べる習慣」を本人も気付かない形で

進めていくのが効果的です。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


タグ:  

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

ADHDの子供の暴言、暴力にはどう対処していけばいい?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は自分を表現する事が苦手な場合があります。

 

そんな場合、時に暴力的な態度・行動を取る場合があります。

暴力まではいかなくても暴言を吐くケースも出てきます。

 

それは「自分の気持ちをコントロールできていない」か

「自分が状況にうまく適応できていない」かの

どちらかであるケースが殆どです。

 

ADHDの子供だからといって何も特別な理由はありません。

 

「理由があってイライラする」だけであり

「適切な伝え方」がわからずに思わず乱暴な言葉遣いや

行動といった結果に繋がっているだけです。

 

そこで今回はADHDの子供が暴力的な行動、

暴言を吐く場合の対処法について紹介します。

 

■行動・言動より「原因」を重視しよう

ADHDの子供が暴力的になっている場合、

必ず「暴力的にさせる何か」がその子供の周辺に存在しています。

まずはそれを見つけることが先決です。

逆を言えばそれを見つけることができれば殆ど解決したも同然です。

 

■原因1:子供が自分の感情をコントロールできていない(パニック)

自分の気持ちがコントロールできていない場合は

あまり急いで解決を図らないことです。

 

子供は自分の気持ちを持て余している時点で

軽いパニックになっています。

 

そこに現実的な解決策を持ち込もうとしても逆効果です。

溢れる感情を爆発させて更に暴力的な行動や言動が増えてしまいます。

 

現時点ではそれが精一杯の自己表現だからです。

 

そんな時は慌てず、焦らず、うまく距離を

保ちながら見守りましょう。

 

大抵の保護者はここで「無理に止める」

「汚い言葉を責める」といった行動に出て

状況が悪化します。

 

それは単に火に油を注いでいるだけなのです。

 

■原因2:状況を自分でコントロールできないイライラ

自分が思い描くように物事ができない、うまくできない。そんなイライラが溜まると時に暴力的な行動や言動、いわゆる「投げやり」な態度が出てきます。

 

そんな状況の場合は「その状況」から子供を一旦引き離しましょう。状況に飲み込まれている場合は常にストレスが掛かり続けています。いわゆる「ドツボにはまる」状態ですからADHDでなくてもストレスです。なのでADHDの子供を留めておく理由はありません。

逃げるのではなく「小休止する」というニュアンスでうまく子供を動かしましょう。外の空気を吸う、お菓子で小休止などの軽い気分転換で十分です。

 

■ADHDの特徴を理解しておけば大丈夫

ADHDの子供は関心事には強いが

無関心の場合は苦痛にしか感じません。

 

普通の子供が「嫌だけどしなくちゃ駄目」

と考えている事は「嫌だからしたくない」となる事も多いです。

 

そこを無視して「でもしなきゃね」と

押し付けてしまうと一気にストレスを溜め込んでしまいます。

 

こうしたADHD特有の心理をしっかり理解しておけば

日常の中で「あ、これはキャパオーバーぽいな」と

見えてくることも増えていきます。

 

後は感情が「言動や行動」に溢れ出してくる前に

周囲がフォローをしてあげる事で

暴力的な行動・言動は落ち着いていくでしょう。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供がパニックを起こした時の対処法は?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は1度パニックを起こすと

中々落ち着いてはくれません。

 

プライベートな空間であれば

特に問題はありませんが、それが公共の場になると

一緒にいる保護者には大きなストレス・負担と

なってしまいます。

 

ですが、そこで無理やり大人しくさせようとしても逆効果です。

火に油注ぐ形になるだけでしょう。

 

そこで今回はADHDの子供がパニックを

起こした時の対象法について紹介をします。

 

■「パニック」には必ず原因があるのでそれを見極める。

ADHDの子供がパニックになるのは

「状況に適応できていない」からです。

 

目の前で起こっていること、

あるいは要求されていることが

本人の心キャパシティ・オーバーとなっており、

ひとつの物事を自分の中で処理する前に

次の物事が舞い込んでいるような状況、

つまりは「心の自転車操業」になっています。

 

そんな状態である事を考えず

「冷静に適応・対応すること」を

求めてしまうと更にパニックを助長するだけです。

 

必ず周囲が「何故?何が?」と

当人のパニックの原因を絞り込むようにしましょう。

 

■対処するのは子供ではなく周囲の人間

ADHDの子供がパニックを起こしている場合に

取れる解決策は主に二つあります。

 

1:その状況から遠ざける

2:大人などの頼れる存在が間に入る

 

基本的にADHDの子供のパニックは

このいずれかの対応で解決がつきます。

 

ただし、今後の事も考えて

「パニックを落ち着かせる」という結果にだけ

拘るのではなく「どうしてこんなことになったのだろうか?」と

細かい因果関係を見直すようにしてください。

 

その経験が今後に必ず活きていきます。

 

■解決策1:その状況から子供を遠ざける

状況から遠ざけるというのは

パニックの原因環境から一旦離脱するということです。

 

集団や状況から一旦距離をおいてリラックスを促します。

外から強制的に環境を変えていく方法です。

 

子供は押し寄せる要求や情報の波が収まった時点で初めて

「心の整理整頓」が可能となります。

 

後はゆっくり落ち着かせたら大丈夫です。

 

■解決策2:大人などの頼れる存在が間に入る

大人などの頼れる存在が間に入るとは、

環境から引き離すのではなく

「誰かが状況を引き継ぐ」という事です。

 

パニックを引き起こしている状況を

コントロールできる人間が

ADHDの子供の代わりに対処し、

子供に対して安心感を与える形になります。

 

「もう大丈夫、後は任せろ」というメッセージを

しっかり子供に伝える事が大事です。

 

ADHDの子供が話す事ができなくなっている場合には代弁をし、

作業が上手にできていない場合は作業を手伝うなど、

環境から引き離さなくても状況を変える事で問題を解決します。

 

■ADHDの子供をプレッシャーから解放してあげればOK

とにかくADHDの子供がパニックになる場合、

目の前の状況に対応しきれていない

「情報のオーバーフロー」であるケースが多いです。

 

ADHDの子供は不安や焦りとは相性が余り良くありませんので、

そうした「心の負担」が考えられる場合は予め

「万が一」のケースを幾つか考えた上で見守るのが最善でしょう。

 

パニックを起こしたことに周囲がパニックを起こしていては

状況は余計に混乱します。

 

それよりも「パニック要因」を予め先読みしておき、

状況が動いたとしても冷静に対処できる様にしておけば

パニックはさしたる問題ではなくなります。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供の集中力を高めるサプリはどんなサプリ?おすすめはある?

目安時間:約 5分

子どものADHDであげられる症状には、

集中力の欠如などがあげられます。

 

子どもの集中力が

なかなか上がらないことが理由で、

授業中真剣に授業が受けられなかったり、

宿題が思うようにはかどらなかったりと、

本人も保護者の方も苦労し、

悩むことが多いかもしれません。

 

そこで今回は、子どもの集中力を

引き上げてくれる効果が

期待できるおすすめサプリメントをご紹介!

 

ADHD改善効果のある成分なども

まとめてみましたので、

さっそくご覧下さい。

 

【集中力をあげるための成分は?】

ADHDの症状で見られる集中力の欠如は、

脳内のメカニズムの問題が

理由としてあげられます。

 

私たちの脳は常に情報伝達を繰り返し、

その情報伝達がスムーズに

行われているからこそ、

考える力や、行動する力、

集中力、記憶力などが保たれています。

 

脳を正常に機能するには、

様々な成分や物質が脳内に

必要不可欠なのですが、

ADHDと診断される子には、

その脳内の情報伝達を

スムーズに行ってくれる成分が

欠けているのです。

 

情報伝達をスムーズにし、

脳を正常に機能するためには、

以下のような成分や物質が

必要となってきます。

 

◎ホスファチジルセリン

大豆からわずか0.003%しか

抽出することの出来ない成分であり、

脳を活性化させてくれる代表的な成分です。

 

ホスファチジルセリンを

摂取することで、脳に

ホスファチジルセリンが行き渡り、

情報伝達を正常にし、脳を活性化。

 

結果的に、脳がクリアになり、

集中力や行動力・思考力が高まります。

 

◎DHA・EPA

「頭が良くなる成分」として

知名度の高いDHAやEPA。

 

青魚などに含まれる成分

としても知られ、学習能力や

運動能力が向上する効果を持ちます。

 

また、血流もよくなるため、

健康上とても良い成分です。

 

◎L-トリプトファン・L-ロイチン

精神状態を良好にしてくれる

トリプトファンやロイチンは、

うつ病患者にも服用されていることから、

脱力感やイライラの改善など、

精神面をサポートしてくれる効果を持ちます。

 

 

【子どものADHDならコドミンやリパミンがおすすめ!】

★上記の成分が配合されていて、

なおかつ子どものADHD改善を

目的として作られたサプリメント、

「コドミン」と「リパミンPS」!

 

▼コドミン

主な配合成分はホスファチジルセリンで、

集中力向上や落ち着きを

改善することが期待出来ると

認知度の高いサプリメントです。

 

気になる味もラムネ味と、

子どもも美味しく

摂取することが出来るので、

とてもおすすめですよ。

 

◎いつでも解約・休止可能な

定期コースで初回980円と、

お試し感覚で購入可能!

(通常価格は8,980円)

 

コドミン公式サイトURL→http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

▼リパミンPS

脳をクリアにしてくれる

ホスファチジルセリンを始め、

精神を落ち着かせてくれる

L-トリプトファンやL-ロイチン、

また、葉酸やビタミンなど

様々な健康成分が

たくさん配合されていることで

人気の高いリパミンPS。

 

子どもの栄養を考え、

ビタミンなども同時に

摂取したいと考える方などにおすすめです。

 

◎通常価格・・・3,000円

定期コース選択だと、

1袋あたり2,700円で

購入可能となっています。

 

リパミン公式サイトURL→http://www.kensup.co.jp/lp/


ADHDのタイプ別サプリメントについて!子供でも飲めるおすすめサプリは?

目安時間:約 5分

ADHD(多動性注意欠陥症)の

改善方法として、

サプリメントによる改善法がありますが、

一口にADHDと言っても、

その症状やタイプは様々です。

 

そこで今回は、ADHDのタイプ別に

おすすめしたいサプリメントや

その効果などを

まとめてみましたので、

さっそくご覧ください!

 

【ADHDにはどんなタイプがある?】

ADHDのタイプは大きく分けて3種類。

 

◎多動性

多動性の特徴は、落ち着きが

ないことがあげられます。

 

授業中などでも

立ち上がったりしてしまう事が

多いため、先生に注意をされることが

増えたりと、頭を抱える

保護者の方も少なくありません。

 

◎不注意型

その名の通り、様々なシチュエーションでの

不注意が目立ちます。

 

特に代表的な例としては、

忘れ物が多いことや、

物をなくしてしまう事。

 

また、注意が長く続かないため、

人の話を聞いていないように見えたり、

気が散りやすいことも

特徴としてあげられます。

 

そのため、様々なことに対して

集中しずらい特徴がありますが、

本人の興味のあることに対しての

集中力は人並み以上に

なる事もしばしば。

 

◎衝動性

「待つ」ということが苦手なため、

じっとして順番を待つことが

出来なかったり、

自分が前に出て何かを

さえぎってしまうことがあります。

 

また、友人との些細なすれ違いなどが

起こると、乱暴な物言いや

態度になってしまうこともあります。

 

ADHDの子どもは、

このタイプ全ての症状が

出るわけではありません。

 

衝動性のみに限る子もいれば、

2つのタイプを合わせ持つ子もいます。

 

サプリメントを使って症状を

緩和する際は、その子その子のタイプを

十分に知ったうえで、

適切なサプリメントを

使っていきたいところ。

 

そこでタイプ別に

おすすめしたいサプリメントが

いくつかありますので、

そちらもご紹介していきたいと思います。

 

【タイプ別おすすめサプリメント】

◎コドミン

ホスファチジルセリンという、

脳の情報伝達をスムーズに

してくれる成分を中心に

配合して作られたサプリメント。

 

飲むことで、落ち着きを取り戻し、

集中力を強化してくれるため、

多動性や不注意型の子どもに最適

 

脳を活性化させてくれる

ホスファチジルセリンが

1粒に100mgも

配合されていますから、

もちろん他のタイプにも

おすすめです。

 

また、子どものために

作られたサプリメントでもあるので、

より安心して子どもに

飲ませることが出来ることもあって、

人気を集めています。

 

コドミン公式サイト→http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

 

◎子どものリパミンPS

ホスファチジルセリンを始め、

うつ状態や無気力などを改善するのに

効果的な成分L-チロシンや、

神経の興奮状態を抑えてくれる

L-トリプトファンなども

配合されているため、

衝動性タイプのADHD改善にも

おすすめ出来るサプリメント。

 

様々な成分が配合されているため、

すべてのADHD症状に効果的と言えます。

 

リパミン公式サイト→http://www.kensup.co.jp/lp/

 

以上のように、子どものADHDに

おすすめ出来るサプリメントはコドミン、

 

どちらも、お試ししやすい購入価格と

なっていますし、薬に抵抗のある方などでも

サプリメントなら安心して

飲むことが出来るかと思いますので、

気になった方は

是非チェックしてみてくださいね!


ADHDの子供の盗み癖にはどう対処していけばいいの?

目安時間:約 6分

嘘をつくのは怯えている事が多い

怒られる、叱られる事に対して敏感になっている。

 

最初から「どうしよう、怒られる」

という気持ちになっている

 

■大前提:頭ごなしに叱るのは駄目。病気の前に正論は通じない

ADHDの子供が誰かの何かを盗んでしまった。

 

それを見つけた保護者は当然叱ります。

というよりも怒ります。

 

「人の物を盗むのは泥棒のすることよ!」

「絶対に駄目!!」と。

 

そして「相手に謝りに行きなさい!」

と引き摺ってでも連れていき

頭を下げさせます。

 

これは盗まれた相手側の留飲を

下げるという点では効果的なのですが、

ADHDの子供への対処としては

余り良い対応ではありません。

 

親の理屈は正論なのですが、

その正論は「意図的に盗んだ場合」に

通用する話であって

「病気による衝動」の前には

通用しないのです。

 

「盗んだ」という結果は同じですが

「そこに至る思考プロセス」が

全然違うのです。

 

■ADHDの子供の盗み癖への対処法1:盗る必要性をなくす

ADHDの子供が他人の物を盗む場合

「これがどうしても欲しい」

という強い欲求が沸き上がっています。

 

「今すぐ欲しい」という欲求に抗えないのです。

 

ならば「欲しい物があったらすぐに言いなさい」と

事前に約束事をしておくと良いです。

 

「人のを盗らずにお願いしたら

ちゃんと買ってあげる」と。

 

それでも盗った場合は「約束破り」と

「盗る行為」の二つを

しっかり諭すことができます。

 

そして二つをしなければ欲しい物が

手に入るという理屈も改めて伝えられます。

 

即効性があるかないかは個人差となりますが、

抑えられない衝動性を「盗む」行為から

遠ざけるようにしましょう。

 

要は出口を用意しておくという事です。

 

■ADHDの子供の盗み癖への対処法2:「盗む」<「欲しい」の心理を保護者が理解すること

子供が「盗む」という行為に

至るのは結果に過ぎません。

 

どうしても欲しいものがあるのに

「手に入らない」と思うから

止む無く手を伸ばすのです。

 

保護者は「盗む」という結果の行為にばかり

目を向けてしまいますが、

子供の中に渦巻いているのは善悪よりも

「それが欲しい」という素直な欲求だけです。

 

「普通は欲しくても盗らない」という

理屈が頭に浮かぶと思いますが、

そもそも子供はADHDであり

神経系が一般の子供と少し違うのです。

 

神経系統に異常が無い子供の論理を

押し付けること自体ナンセンスです。

 

一般社会の論理が時に通じない事もある。

 

その上でどう子供と向き合うかを

保護者は考えていきましょう。

 

多くの保護者が「一般論」で考えて

「一般的な対応(叱りつけて謝罪)」

に終始します。

 

ADHDという病気が相手の場合は

それでは何も解決していないのです。

 

ただ、相手に筋を通しただけの話です。

 

■まとめ

ADHDの子供が持つ「盗み癖」は

「盗む事」が目的ではありません。

 

「手に入れる」事だけが目的です。

 

ですので「手に入る方法」を

予め用意しておけば「盗む」という

選択肢を取ることも無いのです。

 

いつまでも全てを

与える訳にはいきませんし、

常に与え続ける訳にもいきません。

 

ですが、それは成長の中で

少しずつ自分をコントロール

させていけば良いのです。

 

小さいうちから「衝動を抑えろ」

という要求をするのは

ADHDの子供には少し酷なものでしょう。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供の人間関係はどういう風に築いていくべき?

目安時間:約 5分

ADHDで最も社会生活上で障害となるのは

「人間関係」です。

 

小さな年齢の時はコミュニケーションを

取るにしてもお互いに求めるものは

それ程多くありません。

 

些細な事も気にする事もありません。

 

お互いが子供ですから

「感情をぶつけあう」事だって

普通にあるからです。

 

嫌な事があっても

「ごめんね」「いいよ」で

まとまってしまう世界です。

 

今回はADHDの子供(主に低学年)が

人間関係を築いていく為に

必要な事を紹介します。

 

■大前提:努力なしで作れる・維持できるとは思わない事

 

ADHDの特徴は人間関係を構築する、

円滑にする、維持をするという目的に

対して非常に相性が悪いです。

 

これは認めたくなくても

認めなくてはいけません。

 

「そういうものだ」という前提条件を

受け入れない事には

ADHDを持ちながら人間関係を

構築・維持させるのは難しいです。

 

■ADHDで人間関係を作るコツ1:相手に過剰な理解を求めない

「ADHDを理解して欲しい」

これはADHD患者、

その保護者の切なる願いです。

 

ですがそれを過剰に相手に

期待するのは間違いです。

 

そこまでして相手が

関わる理由が無いのですから。

 

ADHDは病気というより個性と捉えて、

自分の個性を理解してそれを

うまくコントロールできるように

なりましょう。

 

「相手に理解を求めて自分の個性を押し付ける」

という形は只の無理強いです。

 

それではただの自分勝手にしかなりません。

 

ただし、ある程度の理解は

してもらうべきです。

 

「忘れっぽいんだけど、

そういう病気みたい」

 

と深刻にならない形で

「そういう個性」と

認識されやすい形で

伝えておきましょう。

 

■ADHDで人間関係を作るコツ2:引っ張るより支える

ADHDを持っている場合は

集団を統率するタイプには

向いていません。

 

支える側に回る方が適切です。

 

リーダーや集団の仲間が

「やっぱりお前が居ないとな」

と言ってもらえるような

自分の立ち位置を作りましょう。

 

これは決して「へつらう」

という事でも

「従う」という事でもありません。

 

集団の中で

「代わりのいない」存在に

なろうという事です。

 

それは関心がある事には

エネルギーが無尽蔵に

沸くADHDの特徴に

あてはまるものです。

 

「〇〇に関してはこいつしかいない」

そう皆が思ってくれたら

もうその居場所は揺るぎません。

 

ADHDの症状なんて関係ないのです。

 

■結論:ADHDがあろうとなかろうと人間関係の構築は余り変わらない

保護者は大人なので人間関係の構築を

難しく考えてしまいますが、

子供の世界はとてもわかりやすいものです。

 

一緒にいて「楽しいか否か」

そして「何か凄い」と

思えるものがあるかどうか。

それだけで人間関係は育っていきます。

 

そして仮にうまくいかなかったからといって

「もう駄目だ」と落ち込まない事。

 

そういう時もあるという心の余裕を

持っておくことが大事です。

 

ADHDがなくても仲良くなれる子と

なれない子が実際にいるのですから。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供の忘れ物について。どのように対処していけばいい?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は注意欠陥が見られる為に

よく忘れ物をします。

 

それに対してヤキモキする

保護者も多いようです。

 

そこで今回はADHDの子供に多い

忘れ物についての対策を

紹介したいと思います。

 

■大前提:忘れ物をしないように育てようとは思わない事

ADHDを持つ保護者が

一番やってしまう大間違いがこれです。

 

とにかく「他の子供たちと同じようにできないと」

という義務感と責任感が強すぎる為に、

わざと忘れている訳ではない子供に

強くあたってしまいます。

 

「私がいなくなったらこの子は一人」

という強迫観念のようなものが

あるのかもしれませんが、

それは絶対にすべきではありません。

 

繰り返しますが子供は

「わざと忘れた訳ではない」のです。

 

子供が「自分が悪いんだ」と

自分を追い込んでしまう様な事だけは

避けましょう。

 

むしろ親だけは

笑って許してあげるくらいでいましょう。

 

■忘れ物対策1:親が先回りしておく

ADHDの子供は基本的に

「忘れやすい」という事を

大前提にしておきましょう。

 

関心事が次から次へと移っていくので

大事な事でもあっても

無関心であれば記憶から

追い出されます。

 

そういう場合は

「ギリギリで自分が声掛けすればいい」

という状態で様子を見ておくのが良いです。

 

自分で思い出したらそれはそれで良いですし、

思い出しそうならヒントを与えても良いですし、

完全に忘れているなら保護者が

教えてあげればいい訳です。

 

いずれの場合においても

「最後は忘れない」状態を

作っておけば誰も

ストレスが溜まりません。

 

今日できなくても

来週できればいいのですから。

 

■忘れ物対策2:ルール化して「見える化」もしておく。

本人はうっかり忘れてしまう事がある訳ですから、

忘れても後から思い出せる、

気付ける環境を作っておきましょう。

 

〇学校から帰ったらプリントを出す
〇プリントは机の上に置いておく
〇何もない場合は

「無い」という事を伝える

 

こういったルールを先に決めておき、

更には忘れても大丈夫なように

「紙に書いておく」事が大事です。

 

これで「提出物の存在を保護者が

必ず確認できる」状態が作れます。

 

伝えるのを忘れていても

親が気付きますから聞けばいい訳です。

 

とにかく「できない事」よりも

「徐々にできるようになる」事に

目を向けておきましょう。

 

■忘れ物対策3:絶対に忘れて困るものは滅多にない

三つ目は対策というよりも

保護者の心構えになります。

 

日本人はとにかく真面目なので

「忘れてしまった」という事を

恥じる傾向にあります。

 

ですが、忘れ物をしたからといって

取り返しのつかない事になる場合は

まずありません。

 

無いなら無いで何とでもなるもの、

遅れても大丈夫なものばかりです。

 

ですので、余り「忘れた」事を

深刻に捉えずに「どうすれば忘れなくなるかな、

思い出せるかな」とその解決策の方に

頭が向く様に気持ちを持っておきましょう。

 

ADHDの子供は別に悪気があって

忘れる訳ではありません。

 

ただ興味の無い事は

覚えておけないだけなのです。

 

それは小学校や中学校なら

誰もが持っている当たり前の事です。

 

ですので

「まぁ、子供なんてそんなものだよな」と

どっしりと構えておきましょう。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供の二次障害について。どんな障害があってどのように対処していけばよい?

目安時間:約 5分

ADHDの症状は基本的には

「注意欠如」と「多動」の二つです。

 

それだけ見ていると元気が有り余っている子供、

という感じがするのですが、

社会生活においては時にそれが

人間関係における障害に

なってしまう場合があります。

 

特に集団生活においては

その問題が起こりやすいです。

 

そして人間関係で生まれた軋轢が

ADHDの子供に新たなストレスを

与えてADHDとは別の症状を

生み出してしまう事も多いです。

 

それが二次障害と呼ばれるものです。

 

ADHDで起こるとされる二次障害は

人間関係から生まれるものが多いです。

 

また発症年齢は小学校なら

中~高学年以上となります。

 

■ADHDの二次障害1:過剰な緊張

これはADHDの症状に対する周囲の

反応から引き起こされる事が多いです。

 

ADHDの子供は最初から

緊張している訳ではありません。

 

ですが周囲の人は「忘れないのが普通」と

考えている人たちばかりです。

 

そんな中で何か話す内容を忘れてしまった時、

周囲が「まだかなまだかな」と

待ち構えている状況になると

「思い出さないといけない」と

自分を追い詰めてしまいます。

 

その結果、何かを話す場において

「忘れるわけにはいかない」と

過剰に緊張してしまうようになります。

 

■ADHDの二次障害2:対人恐怖症

これは「注意欠如」による失敗を

何度か繰り返してしまう事で

起こりやすい二次障害です。

 

ADHDに理解のある人であれば

気にしない話ですが「また忘れた」

「忘れてばかりだ」と

責めるような対応を何度も

されてしまうと徐々に人と

向き合う事ができなくなってしまいます。

 

誰もが自分を責める訳ではないのに

「忘れたらまた責められる」

という不安が心を占拠してしまうのです。

 

■ADHDの二次障害3:不登校、引きこもり

先の項目で紹介していた「過剰な緊張」や

「対人恐怖症」などの二次障害が進んでいくと

「抑うつ感情」の発生に繋がってしまい、

最悪の場合は「不登校」

「引きこもり」の状態までが起こります。

 

これは明らかな「失敗体験」によって

自分で自分を追い込んで

しまっている状態です。

 

ここまで来るまでに色々な形で

傷ついているので

回復するまでには少し時間が

必要かもしれません。

 

■ADHDの二次障害を防ぐ為に必要な事

ADHDの二次障害を防ぐ為には

何が必要なのか。

 

それはADHDの子育てと同じ事です。

 

〇小さな成功体験を積み重ねる事
〇家族がその子を認める事で

 居場所を確立しておく事
〇子供が自分の特徴を理解しておく事

 

これだけで十分です。

 

誰もがADHDに理解を

示す訳ではありません。

 

理解をしてくれる人もいれば

してくれない人も出てきます。

 

どちらの人と関わったとしても

しっかり地に足をつけて

向き合える様になっていれば

二次障害は起こる理由が無くなります。

 

難しい書き方をしましたが、

要は「自己肯定感」を持った

子供にしておけば

二次障害なんて

吹き飛ばしてくれるという事です。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ページの先頭へ