ADHDの子供が寝ない時の対処法は?どんな方法がある?

目安時間:約 6分

ADHDの子供は時に睡眠障害に悩むことがあります。

 

身体は疲れているはずなのに元気いっぱいで全然眠ってくれる気配が無い。

 

 

大人が疲れている状況に元気の有り余った子供は手に余ります。

そんな時に保護者がまず検討すべき対処法について紹介をします。

 

■大前提:無理に寝かそうとしないこと

これはADHDに限る話では無いのですが、

とにかく寝かそうとする保護者がいます。

 

それは絶対にすべきではありません。

お互いに強いストレスがかかってしまうだけになります。

 

人間の身体は基本的には24時間周期の

概日リズムが設定されており、

そのリズムで睡眠欲求が生まれるようにできています。

 

ADHD特有の理由が隠れているかもしれませんが、

まずは一般的なリズムの崩れに対する対策を取るべきです。

ADHDを心配するのはその後でも十分遅くありません。

 

■考えるべき対処法1:運動不足の解消

「運動はしっかりしているはずなのに」こう感じる大人は多いですが、

子供にとってはまだまだ不足しているという事は良くあります。

 

子供は基本的に十分な運動をしていると

8時頃から瞼をこすり始めます。

 

エネルギーに満ち溢れた子供であっても

その貯蔵量は決して無限ではありません。

 

エネルギーに溢れた子供はその分エネルギーを

物凄い勢いで発散しています。

 

その発散の場をしっかり確保できているかどうかを見直しましょう。

 

昼寝をしていたからといって夜眠れない事はありません。

それは午後の運動が足りていないというだけなのです。

 

■考えるべき対処法2:起床時間の調整

中々寝てくれない理由の一つに概日リズムのスタートが

遅れているという事があります。

 

人間の身体は朝日を浴びて1日の体内時計をリセットしています。

 

朝日を浴びる時間が遅ければ遅い程に身体が

眠たくなるタイミングがどんどんズレていきます。

 

しっかり朝は7時~8時までに起きれているのか?

朝日をしっかり浴びているか?

 

その点をもう一度見直してみましょう。

 

■考えるべき対処法3:デジタル機器の使い方

私達人間は日が陰ると睡眠に向けて身体は落ち着きを見せ始めます。

 

身体の活動パターンが活発から穏やかなものへと移り変わるのです。

 

感覚的には突然眠気に襲われるという事もありますが、

実際にはスロープを降りるかのようになだらかに身体は変化しています。

 

そんな時にデジタル機器の強力な刺激を与えていませんか?

 

スマホやタブレット、テレビゲームなどを夕食後に使わせていませんか?

 

身体が落ち着こうとしているところに強すぎる刺激が伝わると

身体はびっくりしてしまい再び覚醒状態へと戻ります。

 

大人の不眠症の原因でもありますが、

これはADHDの子供にも当てはまる事なのです。

 

なるべく夕食後は家族全員がデジタルから

離れるように心がけてみましょう。

 

■まとめ:ADHDであってもなくても子供が眠れない理由は大して変わらない

ADHDだから睡眠障害が起こっているんだ、と

難しく考える保護者の方も多い様ですが気にする必要はありません。

 

多くの場合は眠れない主な理由は一般的な原因です。

 

今の時代は運動不足とデジタル機器の使い過ぎ、

起床時間の遅れなど全てが当てはまりやすいです。

 

子供の睡眠障害が気になる場合は、

一度自分の生活を変えてみて子供と一緒に過ごす時間を

余分に取ってみてください。

 

いつもより沢山話して、いつもより一緒に遊んで、

いつもより傍にいる。

 

それだけで気付けば子供がスヤスヤ寝ている事も

少なくありません。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ページの先頭へ