ADHDの子供の忘れ物について。どのように対処していけばいい?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は注意欠陥が見られる為に

よく忘れ物をします。

 

それに対してヤキモキする

保護者も多いようです。

 

そこで今回はADHDの子供に多い

忘れ物についての対策を

紹介したいと思います。

 

■大前提:忘れ物をしないように育てようとは思わない事

ADHDを持つ保護者が

一番やってしまう大間違いがこれです。

 

とにかく「他の子供たちと同じようにできないと」

という義務感と責任感が強すぎる為に、

わざと忘れている訳ではない子供に

強くあたってしまいます。

 

「私がいなくなったらこの子は一人」

という強迫観念のようなものが

あるのかもしれませんが、

それは絶対にすべきではありません。

 

繰り返しますが子供は

「わざと忘れた訳ではない」のです。

 

子供が「自分が悪いんだ」と

自分を追い込んでしまう様な事だけは

避けましょう。

 

むしろ親だけは

笑って許してあげるくらいでいましょう。

 

■忘れ物対策1:親が先回りしておく

ADHDの子供は基本的に

「忘れやすい」という事を

大前提にしておきましょう。

 

関心事が次から次へと移っていくので

大事な事でもあっても

無関心であれば記憶から

追い出されます。

 

そういう場合は

「ギリギリで自分が声掛けすればいい」

という状態で様子を見ておくのが良いです。

 

自分で思い出したらそれはそれで良いですし、

思い出しそうならヒントを与えても良いですし、

完全に忘れているなら保護者が

教えてあげればいい訳です。

 

いずれの場合においても

「最後は忘れない」状態を

作っておけば誰も

ストレスが溜まりません。

 

今日できなくても

来週できればいいのですから。

 

■忘れ物対策2:ルール化して「見える化」もしておく。

本人はうっかり忘れてしまう事がある訳ですから、

忘れても後から思い出せる、

気付ける環境を作っておきましょう。

 

〇学校から帰ったらプリントを出す
〇プリントは机の上に置いておく
〇何もない場合は

「無い」という事を伝える

 

こういったルールを先に決めておき、

更には忘れても大丈夫なように

「紙に書いておく」事が大事です。

 

これで「提出物の存在を保護者が

必ず確認できる」状態が作れます。

 

伝えるのを忘れていても

親が気付きますから聞けばいい訳です。

 

とにかく「できない事」よりも

「徐々にできるようになる」事に

目を向けておきましょう。

 

■忘れ物対策3:絶対に忘れて困るものは滅多にない

三つ目は対策というよりも

保護者の心構えになります。

 

日本人はとにかく真面目なので

「忘れてしまった」という事を

恥じる傾向にあります。

 

ですが、忘れ物をしたからといって

取り返しのつかない事になる場合は

まずありません。

 

無いなら無いで何とでもなるもの、

遅れても大丈夫なものばかりです。

 

ですので、余り「忘れた」事を

深刻に捉えずに「どうすれば忘れなくなるかな、

思い出せるかな」とその解決策の方に

頭が向く様に気持ちを持っておきましょう。

 

ADHDの子供は別に悪気があって

忘れる訳ではありません。

 

ただ興味の無い事は

覚えておけないだけなのです。

 

それは小学校や中学校なら

誰もが持っている当たり前の事です。

 

ですので

「まぁ、子供なんてそんなものだよな」と

どっしりと構えておきましょう。


ページの先頭へ