ADHD改善サプリで2chで評価が悪いサプリは?その理由は何?

目安時間:約 6分

私たちの日常生活での

健康面を補助してくれる

様々なサプリメント。

 

ビタミン、DHA、鉄分などなど、

サプリメントには

様々なものがありますが、

最近ではADHD(多動性注意欠陥症)

などの病気に関しても、

サプリメントでの

対処法が存在します。

 

でも、サプリメントで本当に

効果が望めるのか、

ちょっと疑問ですよね。

 

そこで今回は、

実際にサプリメントを使った

実体験者などの感想を

赤裸々に知ることの出来る

2chでの評価を覗いてみました!

 

2chでの低評価サプリメントや、

その理由などをまとめてみましたので、

さっそく見ていきましょう!

 

【2chでの低評価サプリメントや口コミ】

●コドミンというサプリメントを

飲んでいますが、

効果がいまいち実感出来ていません。

 

使用してから1カ月経ちますが、

まだまだ続けないと

効果ないんでしょうか?

(aさん)

 

●コドミンを飲んでから、

落ち着きのなさは

少し改善したかなあという感じ。

 

でも、宿題とか授業は

まだまだ集中が足りてないし

注意を受けることもあります。

(bさん)

 

●DHAサプリメントを

飲んで集中力を改善しようと

試みていますが、

子どもは飲んでくれたり

飲まなかったりとまちまちなので、

いまいち効果を実感出来ずにいます。

 

ラムネ味で子どもも嫌がらない

というコドミンに

切り替えた方がいいのか・・。

(cさん)

 

●うちの子はリパミンを飲んでいます。

 

以前は感情の起伏が激しかったですが、

最近落ち着いてきました。

飲み始めて半年経ってからのことですが。

(dさん)

 

●ADHD改善サプリ、

いくつか試したけど、

思ったほどの効果は

ありませんでしたよ。

 

効果がないわけじゃないし、

実際に集中力も

少し上がったと思う。

 

けど、期待したほどでは・・

といった感じ。

(eさん)

 

【低評価に繋がる理由は?】

ADHD改善サプリメントは

高評価を受けていることもある反面、

このようにあまり効果を

実感出来ていない方も数多くいる様子。

 

ですが、こうして調べてみると、

効果のあるなしには、

以下のような共通点が

あるように思えます。

 

それがこちら。

 

●長期継続をしていない

サプリメントは薬ではありませんので、

よほど相性などが合うなどと

いった場合でない限り、

即効性は期待出来ません。

 

最低でも2・3カ月は

使用してみて、様子を見ましょう。

 

●過度な期待

サプリメントを飲めば

ADHDが治る!と、

過度な期待をこめて

サプリメントを使用する方も

いらっしゃるようですが、

サプリメント=完治、

では決してありません。

 

もちろん、長期に渡り

継続していくことで、

確実に脳の働きを

良くしてくれることは

確かですので、

継続していくことが

完治への近道と思うことが

正解なのだと思います。

 

●個人差

薬もそうですが、

サプリメントにも

個人差があります。

 

知人に即効性が

あったからといって、

必ずしも自分に即効性や

効果が見られるわけではありません。

 

以上のように、サプリメントは

100人中100人に効果がある、

というわけではなく、

個人差というものが必ずあります。

 

また、継続していくごとに効果を

発揮していくのも

サプリメントの特徴ですので、

1カ月程度使用して

効果が現れなくても、

諦めずにしばらく様子を見てみましょう。

 

お試し価格での購入が

可能なサプリメントも多いですから、

自身に合ったサプリメントを

どんどん試していってみるのも

一つの手かもしれません。

 

使用の仕方一つで効果に違いが

出るのもサプリメントの特徴ですから、

もしも今まで短期間での使用で

諦めてしまっていた方は、

この機会に是非、

長期継続を試みて、

効果を実感していってくださいね!


ADHD改善サプリで2chで高評価なのはどんなサプリ?子供でも飲めるサプリはある?

目安時間:約 6分

今回は、数あるADHD改善サプリメントが

どんな評価を集めているのかを調べてみました。

 

高評価を集めているサプリメントから、

2chでの口コミや評判情報、

子どもにおすすめの

サプリメントまでをまとめてみました。

 

まずは2chでの

口コミなどから見ていきましょう。

 

【2chでのADHD改善サプリ情報や口コミ】

・家の子は集中力が

無いことが悩みなので、

コドミンを飲んでいます。

 

飲んですぐ効果が

出たわけじゃないけど、

使用して3カ月経った頃くらいから、

宿題をやる際の

集中の持続力が

上がったように思えます。

(Kさん)

 

・コドミンよりリパミン派。

 

コドミンより値段はするけど、

リパミンは葉酸とか

ビタミンも入ってるし、

普段のご飯だけじゃ

足りない成分も一緒に摂れるから。

(Aさん)

 

・家の場合、まず安かったので

試しにコドミンを購入してみました。

 

気長に見ていこうと、

あまり焦ってもいませんでしたが、

意外にも1カ月程度で効果を実感。

 

理由もなくイライラしていた

息子の態度が変わり、

精神面が安定している日が

増えました。

(Fさん)

 

・DHAのサプリメントと

コドミンを併用して飲んでいます。

 

他にもADHD改善のサプリメントは

山ほどあるけど、

子どもに飲ませるなら

「子ども用」の方がいいし。

(Sさん)

 

・リパミンを飲むようになってから、

娘のイライラが少なくなったように思う。

 

あと、子どもが食べ物に関して

好き嫌いが多いから、

ビタミンとか一緒に

摂取出来るので重宝しています。

(Bさん)

 

このように、2chでの口コミでは

「コドミン」と「リパミン」の

2つのサプリメントが

話題を集めている様子。

 

では、コドミンとリパミンとは

一体どういったサプリメントなのでしょうか?

 

【子どものADHDのためのコドミンとリパミンPS】

▼コドミン

主成分・・・ホスファチジルセリン

(1粒あたり100mg配合)

通常価格価格・・・8,980円

定期コース・・・初回980円

(2回目以降も割引あり)

 

◎コドミンは、情報伝達をクリアに

してくれるホスファチジルセリンという

成分を主に配合しているサプリメントで、

効果としては「集中力」や

「記憶力」の向上などなど。

 

ホスファチジルセリンには

脳を活性化する力があるので、

ADHD改善の成分として

様々なサプリメントなどに

配合されています。

 

また、コドミンは味がラムネ味!

 

子どもが嫌がることなく

摂取しやすいように作られています。

 

▼リパミンPS

成分・・・ホスファチジルセリン/

L-トリプトファン/L-ロイチン/

葉酸/ビタミン等

通常価格・・・3,000円

定期コース・・・初回2,700円

 

◎リパミンPSはホスファチジルセリンを始め、

精神安定に効果的な

L-トリプトファンなども

配合されているため、

イライラや無気力感などの

改善にも有効的です。

 

購入価格はコドミンより

少々張るものの、その他子どもの

健康上に役立つ成分が

配合されているので、

多くの成分を一度に

摂取したい方におすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?

どちらのサプリメントもともに

高評価を得ていて、

それぞれに魅力のある

サプリメントになっています。

 

薬に抵抗がある方などは、

サプリメントから

始めてみるのも一つの改善策です。

 

まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

コドミン公式サイトURL→http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

リパミン公式サイトURL→http://www.kensup.co.jp/lp/

 


ADHDのサプリの飲み合わせについて。飲み合わせで注意することは?

目安時間:約 5分

医療機関等でADHDと診断を受けた場合、

処方されるものとして代表的なものは

「ストラレラ」と「コンサータ」

といった薬であり、

ADHD症状を

緩和させてくれる効果があります。

 

ただし、「薬は効果が薄い」

「症状を治すのではなく緩和するに過ぎない」

「副作用が出たら嫌だ」

などといった声もあがっていることから、

薬だけに頼ることを嫌う人もいるのが事実。

 

そんな時に、ADHD改善に効果の

期待できるサプリメントが

人気を集めていますが、

ADHDサプリメントといっても種類は様々で、

そのサプリメントによって効果もそれぞれ違います。

 

そこで今回は、サプリメントの併用や、

飲み合わせをする際に

是非気をつけてほしい点などを

まとめてみましたので、さっそくご覧ください!

 

【ADHD改善サプリメントの種類や成分・効果】

▼コドミン

コドミンは、子どものための

ADHD改善を目的として

作られたサプリメントで、

主な主成分は

「ホスファチジルセリン」という、

脳を活性化させてくれる成分です。

 

ホスファチジルセリンを

摂取することによって、

脳の情報伝達がスムーズになり、

脳が活性化され、集中力や注意力が

上がるといった効果に期待が持てます。

 

▼チロシンサプリメント

チロシンは特に注意力の改善に

最適とされる成分で、

即効性が高いことで知られています。

 

即効性が高いことが利点として

人気が高い反面、持続性は薄いので、

飲み続けるといった服用の仕方よりも、

なにかの行事ごとやイベントなど、

どうしてもという時に使用することで

効果を強く発揮します。

 

▼リパミンPS

リパミンPSには脳を活性化させてくれる

ホスファチジルセリンや、

興奮状態を抑制して落ち着きを

取り戻してくれる作用を持つ

L-トリプトファン、無気力状態を

緩和してくれるL-チロシンなどが

配合されています。

 

▼ドーパミンサプリメント

神経伝達物質として知られるドーパミンは、

やる気成分との別名がついている

ホルモンの一つ。

 

脳内にドーパミンを送ることで

様々なやる気を引き出してくれます。

 

上記のようなサプリメントが

代表的なADHD改善サプリメント。

 

例えばコドミン(ホスファチジルセリン)を

摂取して注意力などをアップしつつ、

ドーパミンサプリも併用してやる気を出す、

といった組み合わせ方や、

様々な成分が多く配合されたリパミンを

集中的に飲む、またはリパミンに併用して

チロシンもここぞと言う時に併用してみる、

といった方法など、

個々の症状に合わせて

飲み合わせをすると良いでしょう。

 

ただこの中で子供におすすめできるのは、

コドミンとリパミンPSのみなので

注意してくださいね。

 

【飲み合わせるとする時の注意点は?】

基本的にはサプリメントには

副作用などは出ないことが

ほとんどであるため、

飲み合わせに対して過剰に

気にする必要はないと言えます。

 

ただし、どんなサプリメントでも

過剰摂取は禁物。

 

用法容量はしっかりと守って、

小量ずつの使用にするなどの

注意は払って使用しましょう。


サプリはADHDに効く?種類は?子供に向いているサプリメントは?

目安時間:約 5分

ADHDのお子さんのご両親にとっては、

ADHDに効くと期待されているサプリの存在が

重要になってくれると思います。

 

 

ここでは、ADHDに効くとされている成分と、

子供に向いているサプリについてお伝えしていきます。

 

ADHDに効くとされている成分

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

 

魚に豊富に入っているので日本人はそれなりに多く摂ってきましたが、

近年の日本人の食生活は肉食がメインになっているので、

DHAを摂る量が少ない日本人が多くなっているはずです。

 

脳の中にある不飽和脂肪酸であり、

脳関門を突破できる事などを根拠に、

脳の神経活動を元気にする効果があると言われています。

 

PS(ホスファチジルセリン)

 

ADHD向けのサプリとして米国などでは有名な成分です。

 

お年寄りの認知症の発症率を下げたり、

発症を遅らせたりする効果もあると言われています。

 

PSを60日間毎日200ミリグラム摂取する事で、

ADHDの症状が良くなったという研究結果も存在しています。

ADHDに関しての実績が伴う成分は、今のところレアです。

 

DMAE(ジメチルアミノエタノール)

 

DMAEもADHD向けのサプリとして米国などで重宝されています。

 

神経伝令物質である「アセチルコリン」の前段階の成分であり、

コリンと非常に似た構造をしています。

 

DMAEに関しては現状分かっていない事が多いですが、

「集中力のアップ・キープ」効果を摂取する事で短期的に得られるとされています。

DMAEに関する積極的な研究が求められています。

 

ADHAに効くとされている成分についてお伝えしました。

 

そして、ここでは研究が盛んな「PS」についてのサプリの中で、

日本産で安全性の高いサプリを

おすすめのサプリ」として挙げていきます。

 

コドミン

 

大豆から採取できるPS(ホスファチジルセリン)が

1粒当たり100ミリグラム入っているサプリです。

 

米国ではPS関係のサプリが広く出回っていますし、

先述の通りADHDに関係する研究において

「研究実績」が伴っている珍しい成分でもあります。

 

プラシーボ比較テストにおいても

 

短期記憶

注意欠陥

衝動性

 

などについて、明確な効果(有意差)が数字として表れています。

サプリ王国の米国で実証が行われているという事からも、

コドミンには多大な期待が寄せられています。

 

リパミンPS

 

こちらにもホスファチジルセリン(PS)が

1粒当たり100ミリグラム入っています。

 

また、リパミンPSにはPS以外にも、

子供の健康に良い成分がたくさん入っています。

 

ビタミンB12:神経伝令物質の合成補助

葉酸:神経伝令物質の合成補助

ビタミンB6:神経伝令物質の合成補助

L-トリプトファン:多動症状をブロックする作用があると言われている

L-チロシン:神経伝令物質(ドーパミン等)の元となる成分

 

等が入っています。

 

いずれも普通の食生活では足りなくなる傾向にある成分ですから、

コストパフォーマンスの良いサプリであると言えるはずです。

 

上記の日本産のサプリはどれも「1粒当たり100ミリグラム」という

配合量になっていますが、米国の研究によれば「毎日200ミリグラムを摂っていく」のが

良いとされていますので、その点を意識しておくと良いと思います。

 

ここまで、ADHDに効くとされている成分とおすすめのサプリを紹介しました。

ご参考になさってみてください。

 

 

 


ADHDという子供の病気を知っていますか?

目安時間:約 12分

ADHDは注意欠如・多動性障害と呼ばれる病気で、

「不注意」、「過活動」、「衝動性」の3つの症状が6ヶ月以上続き、

日常生活を妨げるような状態の場合ADHDと判断されます。

症状は、早い場合は6歳未満で発症を確認できますが、

多くは小学校入学後の12歳までに確認されることが多いようです。

これはADHDの3つの症状が集団内で規律を

求められる生活に合わないために発見されるケースが多いためです。

 

続いて具体的な「不注意」、「過活動」、「衝動性」の症状を見てみましょう。
① 「不注意」
・忘れっぽい
・一つのことに集中でできない
・片付けや整理ができない
・すぐ物をなくしてしまう

② 「過活動」
・じっとしていられないため授業中でも座り続けることができず歩き回ってしまう
・その時の状況に関係なくひたすらしゃべり続ける
・常にそわそわしている

③ 「衝動性」
・衝動的な行動が連続する
・順番が待てない
・他人が話をしていてもすぐに割り込む
・脈絡のない発言が連続する
・気に入らないと乱暴になる

以上が具体的な症状ですが、一概にどの子供でも当てはまる内容でもありますので、

素人判断でADHDを疑う前に、まずは専門機関で診てもらうことが重要です。

 

身近な専門機関
・子育て支援センター
・発達障碍者支援センター
・保健センター など

 

専門機関に行く前にできるセルフチェックはありますか?

アメリカ精神医学会の診断基準第5版(DSM-Ⅴ)にADHDの診断基準がありますので分かりやすい部分を抜粋しておきます

<A(1):不注意についての判断基準>
以下の症状が6つ以上6ヶ月間継続して確認でき、

発育の度合いに合わず生活に強い支障を与えている場合
(a) 学業,仕事,その他の活動において,頻繁に細かく注意することができない、

または不注意な間違いをしてしまう。
(b) 与えられた課題または遊びの場で注意を集中し続けることが頻?に困難となる。
(c) 直接話しを向けられたときにしばしば聞いていないように見える。
(d) しばしば指示に従えず,学業,用事または職場での義務をやり遂げることができない

(反抗的に行なっているわけではないし指示を理解していないわけではない)。
(e) 順序立てて課題を進めたり活動をしたりすることがしばしば困難である。
(f) (勉強や宿題のような)精神的な努力の持続が必要な課題に取り組むことをしばしば避けたり、

嫌がったりし、やりたくなさそうに行ったりもする。
(g) 課題や活動に必要なもの(例:おもちゃ,学校の宿題,鉛筆,本,または道具)などを、

しばしばなくしてしまう。
(h) 外部から刺激があるとしばしば気が散ってしまう。
(i) 毎日の活動で忘れっぽいことがたびたびある。

 

<A(2):多動性および衝動性についての判断基準>
以下の症状が6つ以上6ヶ月間継続して確認でき、

発育の度合いに合わず生活に強い支障を与えている場合
(a) しばしば手足をそわそわと動かし,またはいすの上でもじもじしたりする。
(b) しばしば教室などの座っていることを要求される状況において席を離れてしまう。
(c) しばしば,その場の状況を考えず,あちこちを走り回ったり高い所へ上がったりする。
(d) 静かに遊んだり、余暇活動を行ったりすることができないことが多い。
(e) じっとしていられなかったり、“エンジンで動かされているように”

行動したりすることがたびたびある。
(f) しゃべりすぎることが頻繁にある。
(g) 質問が終わる前にいきなり答え始めてしまうことがしばしばおこる。
(h) 順番を待つことが困難である場合がしばしばある。
(i) 他人を妨害したり邪魔をしたりすることがしばしばある。

 

以上が診断基準ですが、素人判断は危険ですので、

詳しくは専門機関で正しい判断をしてもらいましょう。

 

子どもがADHDになる原因は?

 

残念ながら現在でも正確な原因はまだわかっていませんが、

これまでの研究の結果、思考をつかさどる前頭葉と呼ばれる脳の一部に

機能異常がみられることが分かってきました。

 

しかしどうして機能異常を起こすかについては詳しくはわかっていませんが、

遺伝的な脳の異常部分が(通常では問題なし)様々な環境に影響され

ADHDが発祥するのではないかといわれています。

 

育て方が悪いからADHDを発症するのでしょうか?

 

子どものADHDは症状から引き起こされる行動のために周りとトラブルを起こしやすいため、

親のしつけが悪いのでは?などの非難を受けやすいのですが、

そもそもの原因は先天的な機能障害ですので

親のしつけとは何の関連性もありません。

また、ADHDは症状の特徴から学習障害になる場合がありますが、

知能には影響がなく複雑な内容も周りがフォローすれば十分理解できるのです。

 

症状を改善する方法はあるのでしょうか?

 

いまだに原因が特定できていませんが、いろいろな症状改善の方法が行われています。
大きくは心理療法と薬物療法の2つに分けられております。

① 心理療法
<ソーシャルスキルトレーニング>
これはADHDの子供が周りの人たちとうまくかかわりを持って

生活するために必要な能力を養う訓練のことを言います。

 

具体的には次の
・ゲーム
あそびを通じてルールを守ったり仲間と協力することや

勝ったり負けたりすることがあるということを訓練します。

・ロールプレイング
お芝居のように色々な場面を想定しどのように行動すればよいかを訓練します

 

以上のように一人一人ではなく集団での行動を

シミュレーションすることで環境に適合してゆく訓練です。

 

<ペアントトレーニング>
これはADHDの子供をもつ親がどのように子供と生活してゆくかを学び、

かつ実践してゆくかを訓練してゆくためのプログラムです。

具体的には次の2つに分かれて行われます
・講義
子どもの行動について理解する、また親としてどのような行動が良いか、

悩みの解決法は?などを学んでゆきます。

 

・ホームワーク
与えられた課題に沿って、子供に接したり指導したりした結果を

次の講義で再確認します。

 

② 薬物療法
子供のADHD対策として薬物療法があります。

これはADHDの3つの症状「不注意」、「過活動」、「衝動性」を

薬物で緩和するのですが、効果は薬を飲んでいる間だけで、

効き目に個人差もあります。

おもな治療薬は次の2種類となります。

<ストラテラ>
ストラテラとは日本での商品名で、

薬品名はアセトモキセチンと言います。

アセトモキセチンは闘争および逃避反応を引き起こす神経伝達物質ノルアドレナリンを

阻害する薬で、効果が確認されるまで数週間かかりますが

1回の内服でほぼ24時間持続します。

 

副作用は、かるい場合は食欲不振ですが重度の場合は

肝機能障害やアナフィラキシーなどがある劇薬指定のお薬です。

 

<コンサータ>
コンサータも日本の商品名で主成分はメチルフェニデートと呼ばれる精神刺激薬で、

精神活動を高める作用があります。

 

ストラテラとは違い連続で効き目はなく徐々に効き目が消えてゆく通常の薬品と同じタイプです。

ADHDの子供に対しては集中力を高める作用があり、

根気よく作業をしたり落ち着いて席に座っていられるようになります。

 

副作用は少ないタイプではありますが、

興奮刺激剤の一種であるため精神的依存になる場合もあります。

 

病院で処方される薬物は以上の2種類ですが、

それ以外にもサプリメントによる治療法があります。

 

成分は「ホスファチジルセリン」というリン脂質の一種です。

最初はスポーツに関係する栄養として使用され、

ストレスを軽減し耐久力を増やす効果があるため、

長時間運動を続けるタイプの人に使用されていました。

 

その後、ADHDの子供にも症状の改善に効果があることが確認されたため、

ADHDの子供に効果のあるサプリメントとして使用されることになりました。

 

ADHDサプリにはどんなサプリがあるのでしょう?

現在は、メディカルファーマジャパン株式会社から販売されている「コドミン」と

株式会社健康サプリ研究所から発売されている「リパミンPS」があります。

 

「コドミン」は「ホスファチジルセリン」を主成分としその他の成分をほとんど添加していないため

純粋にADHD全般に効果が期待できます。

 

「リパミンPS」はチロシンとトリプトファンが配合されていますので、

興奮して夜なかなか寝付けない子供に効果があるようです。

 

ADHDサプリは何歳から飲めますか?

 

どちらも補助栄養食品ですので、離乳食中の乳幼児でなければ摂取可能です。

 

ADHDは症状がしっかりと確認されはじめるのは、

集団生活が始まってからがほとんどですので、

小学生以上の場合はサプリを飲んでも問題はありません。

 

子供向けのADHDサプリの一押しは?

 

おすすめは若干価格が高いのですが「コドミン」をおすすめします。

理由は飲みやすさにあります。

 

「ホスファチジルセリン」そのものの味はお世辞にもおいしいとは言えません。

いくら安いサプリを買っても子供が飲んでくれなくては意味がありません。

 

特に小さい子は我慢して食べることができませんが、

「コドミン」ならラムネ味が付いているので嫌がらずに口にしてくれます!

 

ということで、「コドミン」をさらにお安く買うには、

購入するなら公式サイトがおすすめです!

 

下記の公式サイトをクリックすると「トクトクコース89%OFF」

というキャンペーンが出てきます。

初回が送料無料の税抜き980円となっていますのでお早めに!

 

コドミン公式サイト「https://mpj.jp/shopping/lp.php?p=kodomin」

リパミンPS公式サイト「http://www.kensup.co.jp/lp/」


ページの先頭へ