ADHDの子供に時間管理を上手にさせる方法はある?

目安時間:約 5分

ADHDの2大症状の1つ「注意欠陥」は、

時間に対する注意力も散漫になります。

 

その為「約束事」等の時間の厳守が

非常に苦手なのがADHDの子供の特徴です。

 

これは結果としては「時間を守れない」

という形になっていますが、

ADHDの子供にとっては「時間を守っていない」のではなく

「他の事に夢中になっていた」「他に優先すべきものがあった」

「約束事に興味がなかった」という感情の結果に過ぎません。

 

このADHD特有の心情を汲み取らずに

「ADHDであっても約束事は約束事」として

守らなかった事実を責めると子供は余計に

殻に閉じこもってしまいます。

 

「時間を守らなかった」ということよりも

「嫌なことを押し付けられた」という感情が

強くなってしまうからです。

 

そこで今回はADHDの子供に時間管理を

上手にさせる為の方法について紹介をしていきます。

 

時間管理を上手にさせる方法1:ちょっとした御褒美をセットにする

ADHDの子供は基本的に「目の前のこと」

で精一杯なことが多いです。

 

ですので、先の決まりごと・約束事は意識の外に

出てしまうケースが非常に多くなります。

 

そこで時間を守った場合に子供が大好きな「何か」を

プレゼントすると「時間を守る=自分にメリットがある」と

感じて守るべき時間を守る様になります。

 

ただ、これは「目的のために時間を守るだけ」

となってしまう場合もありますので、

あくまで先方に迷惑をかけるわけにはいかない、

という様な場合に限定して活用すべき方法となります。

 

時間管理を上手にさせる方法2:予め遅刻を組み入れた時間設定をする

ADHDの子供は本当に時間管理が苦手です。

 

ですので、苦手なことを無理にさせるよりも

身近な大人が少しだけ先回りして時間管理を

上手にできるように訓練をしていくのが適切です。

 

最初からテキパキと動ける子供は少ないですので、

最初はかなり余裕を持って時間管理に取り組みます。

 

予定時刻を本来の予定時刻の1時間前くらいに設定して

本人に時間管理を促すくらいで良いでしょう。

 

最初は平気で遅刻していた子供も、

段々と遅刻の時間が短くなっていき、

最後は予定時刻をしっかり守れるようになるケースが多いです。

 

ADHDの子供も経験と共に成長します。

ただ時間管理に関しては少しマイペースなだけなのです。

 

時間管理を上手にさせる方法3:時間を守ったことを成功体験として感じさせる

ADHDの子供に時間管理を学んでもらう為の

1番の王道がこれです。

 

最初は守れなくて当たり前。

それが守れた場合にはしっかりと褒めてあげること。

遅れたことは責めずに守れたことをただ褒める。

新卒社員の育て方と同じです。

小さな成功体験を積み重ねる事で

自分に自信を持ってもらいます。

 

それによって「時間を守る」という概念が

芽生えてくれば、後は周囲が気にしなくても

「守るべき時間」をしっかり守れるように成長していくのです。

 

大切なことはとにかく「しっかり褒めてあげること」です。

 

以上、ADHDの子供に時間管理を上手にしてもらう為の

方法についてまとめました。

 

ADHDだからと諦めることはありません。

ADHDは別に時間管理ができない病気ではないのですから。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供の偏食を治す方法はある?

目安時間:約 5分

基本的には「多動」「注意欠陥」という2大症候が

知られているADHDですが、

実は「偏食」という特徴も見受けられます。

 

ADHDで偏食?と疑問に感じる保護者も多いですが、

基本的には「関心事にはのめり込み、

関心のない事には興味がわかない」という

ADHD特有の症状の延長線にあるものだと

考えるとわかりやすいです。

 

そこで今回はADHDの偏食について、

ADHDの子供の偏食を治す方法についての紹介をします。

 

■ADHDの子供の偏食は「嫌い」な何かが潜んでいる

ADHDの子供はADHDではない子供に比べて

「好き嫌い」の感情がはっきりと出てきます。

 

それは「食事」においても同様です。

 

自分が関心のある「好きな」食品は

何度でも食べたがりますし、

一方で自分が関心がない、むしろ「嫌い」と

感じた食品に関しては食べるのはもとより、

時には見るのも近づくのも嫌というケースも出てきます。

 

その「嫌だ」という感情の表現方法こそ

強めかもしれませんが、その根っこは

ADHDでない子ども達の偏食と何ら違いはありません。

 

何も遺伝子の問題によって起こる偏食では無いのです。

だから「何が嫌いなのか」をしっかりと

把握した上で対応すれば特に問題はありません。

 

■理由1:食品の匂いが嫌だという場合

好きな人にはたまらない「食品特有の匂い」ですが、

嫌いな子供にとっては全く不快感にしかなりません。

 

それはADHDの子供でも同じことです。

 

もし、偏食の原因が「食品の匂い」である場合は

生で出さずに加熱調理や煮込みによって

特有の風味を飛ばしましょう。

 

素材の味を活かせないのは残念ですが、

食べさせる事を優先するなら

今は「食べる」事にだけ集中すべきです。

 

■理由2:食品の歯応えが嫌だという場合

生野菜やキノコ類などの独特の歯応えが嫌だという場合、

煮込んで柔らかくする、刻んで原型を留めないくらいにして

混ぜ込むといった方法が適しています。

 

誰もが一度はやったことがある

「カレーの中に野菜を刻んで入れる」のは

その代表例です。

 

煮込めば歯応えはなくなる上に栄養が

全て溶け込むので特にデメリットもありません。

 

■理由3:食品の味が嫌だという場合

野菜に多い理由となりますが

「味がもう駄目」という場合は

調味料で上手に味を変えてしまいましょう。

 

「この食品=この味」という固定観念を

吹き飛ばす良い機会にもなります。

 

形を見た瞬間に味を固定観念で固めてしまう場合には

細かく刻むなどの方法で

「知らない間に食べて美味しいと感じていた」

という既成事実を作るのが効果的です。

 

「こんなに美味しいんだ」と

本人の苦手意識が薄らいでいきます。

 

以上、ADHDの子供が偏食だった場合の

対処法を紹介しました。

 

ADHDだからといって偏食のメカニズムが

特有ということはありません。

 

あくまで感じ方がより繊細になっているだけです。

 

ですので、難しく考えずに身近な方法で

「少しずつ食べる習慣」を本人も気付かない形で

進めていくのが効果的です。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


タグ:  

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

ADHDの子供の暴言、暴力にはどう対処していけばいい?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は自分を表現する事が苦手な場合があります。

 

そんな場合、時に暴力的な態度・行動を取る場合があります。

暴力まではいかなくても暴言を吐くケースも出てきます。

 

それは「自分の気持ちをコントロールできていない」か

「自分が状況にうまく適応できていない」かの

どちらかであるケースが殆どです。

 

ADHDの子供だからといって何も特別な理由はありません。

 

「理由があってイライラする」だけであり

「適切な伝え方」がわからずに思わず乱暴な言葉遣いや

行動といった結果に繋がっているだけです。

 

そこで今回はADHDの子供が暴力的な行動、

暴言を吐く場合の対処法について紹介します。

 

■行動・言動より「原因」を重視しよう

ADHDの子供が暴力的になっている場合、

必ず「暴力的にさせる何か」がその子供の周辺に存在しています。

まずはそれを見つけることが先決です。

逆を言えばそれを見つけることができれば殆ど解決したも同然です。

 

■原因1:子供が自分の感情をコントロールできていない(パニック)

自分の気持ちがコントロールできていない場合は

あまり急いで解決を図らないことです。

 

子供は自分の気持ちを持て余している時点で

軽いパニックになっています。

 

そこに現実的な解決策を持ち込もうとしても逆効果です。

溢れる感情を爆発させて更に暴力的な行動や言動が増えてしまいます。

 

現時点ではそれが精一杯の自己表現だからです。

 

そんな時は慌てず、焦らず、うまく距離を

保ちながら見守りましょう。

 

大抵の保護者はここで「無理に止める」

「汚い言葉を責める」といった行動に出て

状況が悪化します。

 

それは単に火に油を注いでいるだけなのです。

 

■原因2:状況を自分でコントロールできないイライラ

自分が思い描くように物事ができない、うまくできない。そんなイライラが溜まると時に暴力的な行動や言動、いわゆる「投げやり」な態度が出てきます。

 

そんな状況の場合は「その状況」から子供を一旦引き離しましょう。状況に飲み込まれている場合は常にストレスが掛かり続けています。いわゆる「ドツボにはまる」状態ですからADHDでなくてもストレスです。なのでADHDの子供を留めておく理由はありません。

逃げるのではなく「小休止する」というニュアンスでうまく子供を動かしましょう。外の空気を吸う、お菓子で小休止などの軽い気分転換で十分です。

 

■ADHDの特徴を理解しておけば大丈夫

ADHDの子供は関心事には強いが

無関心の場合は苦痛にしか感じません。

 

普通の子供が「嫌だけどしなくちゃ駄目」

と考えている事は「嫌だからしたくない」となる事も多いです。

 

そこを無視して「でもしなきゃね」と

押し付けてしまうと一気にストレスを溜め込んでしまいます。

 

こうしたADHD特有の心理をしっかり理解しておけば

日常の中で「あ、これはキャパオーバーぽいな」と

見えてくることも増えていきます。

 

後は感情が「言動や行動」に溢れ出してくる前に

周囲がフォローをしてあげる事で

暴力的な行動・言動は落ち着いていくでしょう。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHDの子供がパニックを起こした時の対処法は?

目安時間:約 5分

ADHDの子供は1度パニックを起こすと

中々落ち着いてはくれません。

 

プライベートな空間であれば

特に問題はありませんが、それが公共の場になると

一緒にいる保護者には大きなストレス・負担と

なってしまいます。

 

ですが、そこで無理やり大人しくさせようとしても逆効果です。

火に油注ぐ形になるだけでしょう。

 

そこで今回はADHDの子供がパニックを

起こした時の対象法について紹介をします。

 

■「パニック」には必ず原因があるのでそれを見極める。

ADHDの子供がパニックになるのは

「状況に適応できていない」からです。

 

目の前で起こっていること、

あるいは要求されていることが

本人の心キャパシティ・オーバーとなっており、

ひとつの物事を自分の中で処理する前に

次の物事が舞い込んでいるような状況、

つまりは「心の自転車操業」になっています。

 

そんな状態である事を考えず

「冷静に適応・対応すること」を

求めてしまうと更にパニックを助長するだけです。

 

必ず周囲が「何故?何が?」と

当人のパニックの原因を絞り込むようにしましょう。

 

■対処するのは子供ではなく周囲の人間

ADHDの子供がパニックを起こしている場合に

取れる解決策は主に二つあります。

 

1:その状況から遠ざける

2:大人などの頼れる存在が間に入る

 

基本的にADHDの子供のパニックは

このいずれかの対応で解決がつきます。

 

ただし、今後の事も考えて

「パニックを落ち着かせる」という結果にだけ

拘るのではなく「どうしてこんなことになったのだろうか?」と

細かい因果関係を見直すようにしてください。

 

その経験が今後に必ず活きていきます。

 

■解決策1:その状況から子供を遠ざける

状況から遠ざけるというのは

パニックの原因環境から一旦離脱するということです。

 

集団や状況から一旦距離をおいてリラックスを促します。

外から強制的に環境を変えていく方法です。

 

子供は押し寄せる要求や情報の波が収まった時点で初めて

「心の整理整頓」が可能となります。

 

後はゆっくり落ち着かせたら大丈夫です。

 

■解決策2:大人などの頼れる存在が間に入る

大人などの頼れる存在が間に入るとは、

環境から引き離すのではなく

「誰かが状況を引き継ぐ」という事です。

 

パニックを引き起こしている状況を

コントロールできる人間が

ADHDの子供の代わりに対処し、

子供に対して安心感を与える形になります。

 

「もう大丈夫、後は任せろ」というメッセージを

しっかり子供に伝える事が大事です。

 

ADHDの子供が話す事ができなくなっている場合には代弁をし、

作業が上手にできていない場合は作業を手伝うなど、

環境から引き離さなくても状況を変える事で問題を解決します。

 

■ADHDの子供をプレッシャーから解放してあげればOK

とにかくADHDの子供がパニックになる場合、

目の前の状況に対応しきれていない

「情報のオーバーフロー」であるケースが多いです。

 

ADHDの子供は不安や焦りとは相性が余り良くありませんので、

そうした「心の負担」が考えられる場合は予め

「万が一」のケースを幾つか考えた上で見守るのが最善でしょう。

 

パニックを起こしたことに周囲がパニックを起こしていては

状況は余計に混乱します。

 

それよりも「パニック要因」を予め先読みしておき、

状況が動いたとしても冷静に対処できる様にしておけば

パニックはさしたる問題ではなくなります。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ADHD改善サプリで2chで評価が悪いサプリは?その理由は何?

目安時間:約 6分

私たちの日常生活での

健康面を補助してくれる

様々なサプリメント。

 

ビタミン、DHA、鉄分などなど、

サプリメントには

様々なものがありますが、

最近ではADHD(多動性注意欠陥症)

などの病気に関しても、

サプリメントでの

対処法が存在します。

 

でも、サプリメントで本当に

効果が望めるのか、

ちょっと疑問ですよね。

 

そこで今回は、

実際にサプリメントを使った

実体験者などの感想を

赤裸々に知ることの出来る

2chでの評価を覗いてみました!

 

2chでの低評価サプリメントや、

その理由などをまとめてみましたので、

さっそく見ていきましょう!

 

【2chでの低評価サプリメントや口コミ】

●コドミンというサプリメントを

飲んでいますが、

効果がいまいち実感出来ていません。

 

使用してから1カ月経ちますが、

まだまだ続けないと

効果ないんでしょうか?

(aさん)

 

●コドミンを飲んでから、

落ち着きのなさは

少し改善したかなあという感じ。

 

でも、宿題とか授業は

まだまだ集中が足りてないし

注意を受けることもあります。

(bさん)

 

●DHAサプリメントを

飲んで集中力を改善しようと

試みていますが、

子どもは飲んでくれたり

飲まなかったりとまちまちなので、

いまいち効果を実感出来ずにいます。

 

ラムネ味で子どもも嫌がらない

というコドミンに

切り替えた方がいいのか・・。

(cさん)

 

●うちの子はリパミンを飲んでいます。

 

以前は感情の起伏が激しかったですが、

最近落ち着いてきました。

飲み始めて半年経ってからのことですが。

(dさん)

 

●ADHD改善サプリ、

いくつか試したけど、

思ったほどの効果は

ありませんでしたよ。

 

効果がないわけじゃないし、

実際に集中力も

少し上がったと思う。

 

けど、期待したほどでは・・

といった感じ。

(eさん)

 

【低評価に繋がる理由は?】

ADHD改善サプリメントは

高評価を受けていることもある反面、

このようにあまり効果を

実感出来ていない方も数多くいる様子。

 

ですが、こうして調べてみると、

効果のあるなしには、

以下のような共通点が

あるように思えます。

 

それがこちら。

 

●長期継続をしていない

サプリメントは薬ではありませんので、

よほど相性などが合うなどと

いった場合でない限り、

即効性は期待出来ません。

 

最低でも2・3カ月は

使用してみて、様子を見ましょう。

 

●過度な期待

サプリメントを飲めば

ADHDが治る!と、

過度な期待をこめて

サプリメントを使用する方も

いらっしゃるようですが、

サプリメント=完治、

では決してありません。

 

もちろん、長期に渡り

継続していくことで、

確実に脳の働きを

良くしてくれることは

確かですので、

継続していくことが

完治への近道と思うことが

正解なのだと思います。

 

●個人差

薬もそうですが、

サプリメントにも

個人差があります。

 

知人に即効性が

あったからといって、

必ずしも自分に即効性や

効果が見られるわけではありません。

 

以上のように、サプリメントは

100人中100人に効果がある、

というわけではなく、

個人差というものが必ずあります。

 

また、継続していくごとに効果を

発揮していくのも

サプリメントの特徴ですので、

1カ月程度使用して

効果が現れなくても、

諦めずにしばらく様子を見てみましょう。

 

お試し価格での購入が

可能なサプリメントも多いですから、

自身に合ったサプリメントを

どんどん試していってみるのも

一つの手かもしれません。

 

使用の仕方一つで効果に違いが

出るのもサプリメントの特徴ですから、

もしも今まで短期間での使用で

諦めてしまっていた方は、

この機会に是非、

長期継続を試みて、

効果を実感していってくださいね!


ADHD改善サプリで2chで高評価なのはどんなサプリ?子供でも飲めるサプリはある?

目安時間:約 6分

今回は、数あるADHD改善サプリメントが

どんな評価を集めているのかを調べてみました。

 

高評価を集めているサプリメントから、

2chでの口コミや評判情報、

子どもにおすすめの

サプリメントまでをまとめてみました。

 

まずは2chでの

口コミなどから見ていきましょう。

 

【2chでのADHD改善サプリ情報や口コミ】

・家の子は集中力が

無いことが悩みなので、

コドミンを飲んでいます。

 

飲んですぐ効果が

出たわけじゃないけど、

使用して3カ月経った頃くらいから、

宿題をやる際の

集中の持続力が

上がったように思えます。

(Kさん)

 

・コドミンよりリパミン派。

 

コドミンより値段はするけど、

リパミンは葉酸とか

ビタミンも入ってるし、

普段のご飯だけじゃ

足りない成分も一緒に摂れるから。

(Aさん)

 

・家の場合、まず安かったので

試しにコドミンを購入してみました。

 

気長に見ていこうと、

あまり焦ってもいませんでしたが、

意外にも1カ月程度で効果を実感。

 

理由もなくイライラしていた

息子の態度が変わり、

精神面が安定している日が

増えました。

(Fさん)

 

・DHAのサプリメントと

コドミンを併用して飲んでいます。

 

他にもADHD改善のサプリメントは

山ほどあるけど、

子どもに飲ませるなら

「子ども用」の方がいいし。

(Sさん)

 

・リパミンを飲むようになってから、

娘のイライラが少なくなったように思う。

 

あと、子どもが食べ物に関して

好き嫌いが多いから、

ビタミンとか一緒に

摂取出来るので重宝しています。

(Bさん)

 

このように、2chでの口コミでは

「コドミン」と「リパミン」の

2つのサプリメントが

話題を集めている様子。

 

では、コドミンとリパミンとは

一体どういったサプリメントなのでしょうか?

 

【子どものADHDのためのコドミンとリパミンPS】

▼コドミン

主成分・・・ホスファチジルセリン

(1粒あたり100mg配合)

通常価格価格・・・8,980円

定期コース・・・初回980円

(2回目以降も割引あり)

 

◎コドミンは、情報伝達をクリアに

してくれるホスファチジルセリンという

成分を主に配合しているサプリメントで、

効果としては「集中力」や

「記憶力」の向上などなど。

 

ホスファチジルセリンには

脳を活性化する力があるので、

ADHD改善の成分として

様々なサプリメントなどに

配合されています。

 

また、コドミンは味がラムネ味!

 

子どもが嫌がることなく

摂取しやすいように作られています。

 

▼リパミンPS

成分・・・ホスファチジルセリン/

L-トリプトファン/L-ロイチン/

葉酸/ビタミン等

通常価格・・・3,000円

定期コース・・・初回2,700円

 

◎リパミンPSはホスファチジルセリンを始め、

精神安定に効果的な

L-トリプトファンなども

配合されているため、

イライラや無気力感などの

改善にも有効的です。

 

購入価格はコドミンより

少々張るものの、その他子どもの

健康上に役立つ成分が

配合されているので、

多くの成分を一度に

摂取したい方におすすめです。

 

いかがでしたでしょうか?

どちらのサプリメントもともに

高評価を得ていて、

それぞれに魅力のある

サプリメントになっています。

 

薬に抵抗がある方などは、

サプリメントから

始めてみるのも一つの改善策です。

 

まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

コドミン公式サイトURL→http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

リパミン公式サイトURL→http://www.kensup.co.jp/lp/

 


ADHDの子供の集中力を高めるサプリはどんなサプリ?おすすめはある?

目安時間:約 5分

子どものADHDであげられる症状には、

集中力の欠如などがあげられます。

 

子どもの集中力が

なかなか上がらないことが理由で、

授業中真剣に授業が受けられなかったり、

宿題が思うようにはかどらなかったりと、

本人も保護者の方も苦労し、

悩むことが多いかもしれません。

 

そこで今回は、子どもの集中力を

引き上げてくれる効果が

期待できるおすすめサプリメントをご紹介!

 

ADHD改善効果のある成分なども

まとめてみましたので、

さっそくご覧下さい。

 

【集中力をあげるための成分は?】

ADHDの症状で見られる集中力の欠如は、

脳内のメカニズムの問題が

理由としてあげられます。

 

私たちの脳は常に情報伝達を繰り返し、

その情報伝達がスムーズに

行われているからこそ、

考える力や、行動する力、

集中力、記憶力などが保たれています。

 

脳を正常に機能するには、

様々な成分や物質が脳内に

必要不可欠なのですが、

ADHDと診断される子には、

その脳内の情報伝達を

スムーズに行ってくれる成分が

欠けているのです。

 

情報伝達をスムーズにし、

脳を正常に機能するためには、

以下のような成分や物質が

必要となってきます。

 

◎ホスファチジルセリン

大豆からわずか0.003%しか

抽出することの出来ない成分であり、

脳を活性化させてくれる代表的な成分です。

 

ホスファチジルセリンを

摂取することで、脳に

ホスファチジルセリンが行き渡り、

情報伝達を正常にし、脳を活性化。

 

結果的に、脳がクリアになり、

集中力や行動力・思考力が高まります。

 

◎DHA・EPA

「頭が良くなる成分」として

知名度の高いDHAやEPA。

 

青魚などに含まれる成分

としても知られ、学習能力や

運動能力が向上する効果を持ちます。

 

また、血流もよくなるため、

健康上とても良い成分です。

 

◎L-トリプトファン・L-ロイチン

精神状態を良好にしてくれる

トリプトファンやロイチンは、

うつ病患者にも服用されていることから、

脱力感やイライラの改善など、

精神面をサポートしてくれる効果を持ちます。

 

 

【子どものADHDならコドミンやリパミンがおすすめ!】

★上記の成分が配合されていて、

なおかつ子どものADHD改善を

目的として作られたサプリメント、

「コドミン」と「リパミンPS」!

 

▼コドミン

主な配合成分はホスファチジルセリンで、

集中力向上や落ち着きを

改善することが期待出来ると

認知度の高いサプリメントです。

 

気になる味もラムネ味と、

子どもも美味しく

摂取することが出来るので、

とてもおすすめですよ。

 

◎いつでも解約・休止可能な

定期コースで初回980円と、

お試し感覚で購入可能!

(通常価格は8,980円)

 

コドミン公式サイトURL→http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

▼リパミンPS

脳をクリアにしてくれる

ホスファチジルセリンを始め、

精神を落ち着かせてくれる

L-トリプトファンやL-ロイチン、

また、葉酸やビタミンなど

様々な健康成分が

たくさん配合されていることで

人気の高いリパミンPS。

 

子どもの栄養を考え、

ビタミンなども同時に

摂取したいと考える方などにおすすめです。

 

◎通常価格・・・3,000円

定期コース選択だと、

1袋あたり2,700円で

購入可能となっています。

 

リパミン公式サイトURL→http://www.kensup.co.jp/lp/


ADHDのサプリの飲み合わせについて。飲み合わせで注意することは?

目安時間:約 5分

医療機関等でADHDと診断を受けた場合、

処方されるものとして代表的なものは

「ストラレラ」と「コンサータ」

といった薬であり、

ADHD症状を

緩和させてくれる効果があります。

 

ただし、「薬は効果が薄い」

「症状を治すのではなく緩和するに過ぎない」

「副作用が出たら嫌だ」

などといった声もあがっていることから、

薬だけに頼ることを嫌う人もいるのが事実。

 

そんな時に、ADHD改善に効果の

期待できるサプリメントが

人気を集めていますが、

ADHDサプリメントといっても種類は様々で、

そのサプリメントによって効果もそれぞれ違います。

 

そこで今回は、サプリメントの併用や、

飲み合わせをする際に

是非気をつけてほしい点などを

まとめてみましたので、さっそくご覧ください!

 

【ADHD改善サプリメントの種類や成分・効果】

▼コドミン

コドミンは、子どものための

ADHD改善を目的として

作られたサプリメントで、

主な主成分は

「ホスファチジルセリン」という、

脳を活性化させてくれる成分です。

 

ホスファチジルセリンを

摂取することによって、

脳の情報伝達がスムーズになり、

脳が活性化され、集中力や注意力が

上がるといった効果に期待が持てます。

 

▼チロシンサプリメント

チロシンは特に注意力の改善に

最適とされる成分で、

即効性が高いことで知られています。

 

即効性が高いことが利点として

人気が高い反面、持続性は薄いので、

飲み続けるといった服用の仕方よりも、

なにかの行事ごとやイベントなど、

どうしてもという時に使用することで

効果を強く発揮します。

 

▼リパミンPS

リパミンPSには脳を活性化させてくれる

ホスファチジルセリンや、

興奮状態を抑制して落ち着きを

取り戻してくれる作用を持つ

L-トリプトファン、無気力状態を

緩和してくれるL-チロシンなどが

配合されています。

 

▼ドーパミンサプリメント

神経伝達物質として知られるドーパミンは、

やる気成分との別名がついている

ホルモンの一つ。

 

脳内にドーパミンを送ることで

様々なやる気を引き出してくれます。

 

上記のようなサプリメントが

代表的なADHD改善サプリメント。

 

例えばコドミン(ホスファチジルセリン)を

摂取して注意力などをアップしつつ、

ドーパミンサプリも併用してやる気を出す、

といった組み合わせ方や、

様々な成分が多く配合されたリパミンを

集中的に飲む、またはリパミンに併用して

チロシンもここぞと言う時に併用してみる、

といった方法など、

個々の症状に合わせて

飲み合わせをすると良いでしょう。

 

ただこの中で子供におすすめできるのは、

コドミンとリパミンPSのみなので

注意してくださいね。

 

【飲み合わせるとする時の注意点は?】

基本的にはサプリメントには

副作用などは出ないことが

ほとんどであるため、

飲み合わせに対して過剰に

気にする必要はないと言えます。

 

ただし、どんなサプリメントでも

過剰摂取は禁物。

 

用法容量はしっかりと守って、

小量ずつの使用にするなどの

注意は払って使用しましょう。


ADHDのタイプ別サプリメントについて!子供でも飲めるおすすめサプリは?

目安時間:約 5分

ADHD(多動性注意欠陥症)の

改善方法として、

サプリメントによる改善法がありますが、

一口にADHDと言っても、

その症状やタイプは様々です。

 

そこで今回は、ADHDのタイプ別に

おすすめしたいサプリメントや

その効果などを

まとめてみましたので、

さっそくご覧ください!

 

【ADHDにはどんなタイプがある?】

ADHDのタイプは大きく分けて3種類。

 

◎多動性

多動性の特徴は、落ち着きが

ないことがあげられます。

 

授業中などでも

立ち上がったりしてしまう事が

多いため、先生に注意をされることが

増えたりと、頭を抱える

保護者の方も少なくありません。

 

◎不注意型

その名の通り、様々なシチュエーションでの

不注意が目立ちます。

 

特に代表的な例としては、

忘れ物が多いことや、

物をなくしてしまう事。

 

また、注意が長く続かないため、

人の話を聞いていないように見えたり、

気が散りやすいことも

特徴としてあげられます。

 

そのため、様々なことに対して

集中しずらい特徴がありますが、

本人の興味のあることに対しての

集中力は人並み以上に

なる事もしばしば。

 

◎衝動性

「待つ」ということが苦手なため、

じっとして順番を待つことが

出来なかったり、

自分が前に出て何かを

さえぎってしまうことがあります。

 

また、友人との些細なすれ違いなどが

起こると、乱暴な物言いや

態度になってしまうこともあります。

 

ADHDの子どもは、

このタイプ全ての症状が

出るわけではありません。

 

衝動性のみに限る子もいれば、

2つのタイプを合わせ持つ子もいます。

 

サプリメントを使って症状を

緩和する際は、その子その子のタイプを

十分に知ったうえで、

適切なサプリメントを

使っていきたいところ。

 

そこでタイプ別に

おすすめしたいサプリメントが

いくつかありますので、

そちらもご紹介していきたいと思います。

 

【タイプ別おすすめサプリメント】

◎コドミン

ホスファチジルセリンという、

脳の情報伝達をスムーズに

してくれる成分を中心に

配合して作られたサプリメント。

 

飲むことで、落ち着きを取り戻し、

集中力を強化してくれるため、

多動性や不注意型の子どもに最適

 

脳を活性化させてくれる

ホスファチジルセリンが

1粒に100mgも

配合されていますから、

もちろん他のタイプにも

おすすめです。

 

また、子どものために

作られたサプリメントでもあるので、

より安心して子どもに

飲ませることが出来ることもあって、

人気を集めています。

 

コドミン公式サイト→http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 

 

◎子どものリパミンPS

ホスファチジルセリンを始め、

うつ状態や無気力などを改善するのに

効果的な成分L-チロシンや、

神経の興奮状態を抑えてくれる

L-トリプトファンなども

配合されているため、

衝動性タイプのADHD改善にも

おすすめ出来るサプリメント。

 

様々な成分が配合されているため、

すべてのADHD症状に効果的と言えます。

 

リパミン公式サイト→http://www.kensup.co.jp/lp/

 

以上のように、子どものADHDに

おすすめ出来るサプリメントはコドミン、

 

どちらも、お試ししやすい購入価格と

なっていますし、薬に抵抗のある方などでも

サプリメントなら安心して

飲むことが出来るかと思いますので、

気になった方は

是非チェックしてみてくださいね!


ADHDの子供にドーパミンサプリは効果ある?子供が飲めるサプリはある?

目安時間:約 5分

ADHD(多動性注意欠陥症)の改善方法の中には、

サプリメントによる対処法が存在します。

 

その中でも、ホスファチジルセリン

・DHA・EPAなどなど、

ADHD改善に効果的で脳に良い成分を

配合したサプリメントが

特に人気を集めています。

 

今回はそんな

ADHD改善サプリメントの中から、

ドーパミンサプリメントについて

詳しくご紹介!

 

ドーパミンによるADHD改善効果から、

子どものADHDに

おすすめしたいサプリメントまでを

まとめてみましたので、

さっそくご覧ください!

 

【ドーパミンとは?】

ドーパミンは神経伝達物質の一種で、

「やる気成分」と言っても

過言ではないほど、

私たちの様々なやる気の源となる

ホルモンの一つです。

 

身体を動かす「運動」にせよ、

頭を使う「勉強」などにせよ、

このドーパミンの作用により

私たちは日常的にやる気を出し、

物事を実行に移せています。

 

そのため、体内でドーパミンが

減少すると、やる気が無くなり、

運動や学習といった行動が

次第にしにくくなり、

集中力などが散漫して

いってしまいます。

 

なにかを集中的に、

熱心に取り組むには、

このドーパミンという成分は

必要不可欠というわけです。

 

【ドーパミンサプリメントのADHDへの効果】

様々なやる気をだしてくれる

ドーパミンとADHD症状には

深い繋がりがあります。

 

まず、ADHDの症状の中には

「集中力の欠如」や「物忘れ」などが

あげられます。

 

こうした症状は脳内での情報伝達が

正常に行われていないがために

起こりますので、ADHD改善には

この情報伝達がスムーズに

行われる必要があります。

 

ドーパミンには集中力を上げる効果や、

やる気を出す効果がありますので、

ドーパミンサプリを摂取することで、

やる気の上昇や集中力アップが望めて、

 

・集中力があがり、

 宿題などを真剣に取り組める

 

・注意力が身につき、

 忘れ物などを減らすことが出来る

 

・授業中など、

 集中して取り組める

 

といった、あらゆるADHDの

改善に役立ちます。

 

【子どもでも飲める?子どもにおすすめのADHDサプリメントは?】

ADHD改善におすすめの

ドーパミンサプリメントですが、

ADHDの年齢層は幅広く、

作用の高いドーパミンは

子供にはあまりおすすめ出来ません。

 

そこで、「子どものADHD」

ということで

おすすめしたい

サプリメントが、

子どものADHD改善のために

作られたサプリメント、

「コドミン」です。

 

子どものADHD改善に

効果的な成分である

ホスファチジルセリンを

中心に配合して作られていて、

情報伝達をスムーズに、

かつ脳内を活性化して脳を

クリアにしてくれる

ホスファチジルセリンが、

様々な症状を緩和してくれます。

 

◎コドミン購入情報(公式サイト参照)

通常購入価格・・・8,980円

定期コース・・・初回980円

 

通常価格は少々高めの設定金額ですが、

定期コースなら初回980円で

購入が可能で、2回目のずっと割引が

適用されます。

 

また、定期コースによる

縛りもないので、

すぐに解約や休止も出来るため、

実質980円でまずはお試しが

出来るということに!

 

公式サイトに詳しい情報や、

様々な特典が記載されていますので、

気になった方は是非

チェックしてみてくださいね。

 

<コドミンを980円で始めるならこちら>


ページの先頭へ