子供がADHDかもと感じたら?病院の探し方は?小児科?精神科?どちらに行けばいい?

目安時間:約 4分

「あれ?うちの子ひょっとしてADHDかも?」

とドキッとした保護者の方はその瞬間から常に不安との闘いになります。

 

「かもしれない」という右か左かわからない状態は

常に付きまとうストレスです。

 

子供の振る舞いが全部「ADHDかも?」

という不安に結びつくのは決して良い傾向ではありません。

 

「これはADHDなのか?それとも違うのか?」を

診断してもらうには何科にかかれば良いのか?

ここではADHDに関する病院の探し方について解説します。

 

ADHDの専門家はまだ少ない

 

まず、ADHDの専門医は非常に少ないという事実を理解しておきましょう。

そもそも発達障害の診断をしてくれる専門医すら日本にはまだまだ少ないです。

とはいえ、ADHDは社会に認知されつつある病気ですので、今後は間違いなく増えていくでしょう。

 

 

ADHDの診断は「小児科」「精神科」いずれでも可能

発達障害、ADHDの診断は基本的に「小児科」「精神科」のいずれでも可能です。

 

元々、発達障害もADHDも保護者が確認の為に連れていくというよりも、

診察時の様子で医師側が気付く事も多く、

結果的に「小児科」での診断確定が多かったのです。

 

逆を言えば「発達障害」「ADHD」等の児童疾患を

専門にしている医師がそれだけ少なかったという事です。

 

2008年には専門性の高い児童精神科が誕生した

 

ADHDか否かを小児科で判断される事に

抵抗のある保護者の方も多いです。

かといって精神科というのは敷居が高くて気軽に足を運べない。

 

そんな状況でしたが2008年に「児童精神科」というより

専門性の高い診療科が生まれました。

 

主に15歳以下を対象とした発達障害やADHDを含む

心身の疾患を専門とする診療科です。

 

「この子はADHDなの?」と不安ながらも小児科や精神科はちょっと、

という保護者の方は児童精神科の受診を検討しましょう。

 

まだ新しい診療科ですので数は少ないですが、

手厚い診療が期待できますのでお勧めです。

 

医師単独での診断よりも、チーム体制で診断にあたる院も増えています。

 

 

「児童青年精神医学会」では認定医制度も始まっている

児童精神科の誕生だけでなく、専門医の認定制度も進んでいます。

日本児童青年精神医学会では「認定医」制度を立ち上げており、より高度な知識と経験を持った医師を紹介しています。

また「児童思春期外来」という気軽に相談しやすい窓口を設置する病院も増えており「我が子のADHD」に対して不安を感じてる保護者が自分を追い込まなくてよい環境が整ってきています。


タグ: 

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

ADHDは遺伝する?遺伝との関係性は?

目安時間:約 4分

ADHDは家族間で遺伝をする疾患なのか?

 

自分自身がADHD,発達障害と診断をされている場合は

子供への遺伝はとても気になります。

 

そこで、ここではADHDと遺伝に関しての紹介をします。

 

ADHDは遺伝性があるとされている

 

ADHDは現時点では「遺伝的な発症もある」とされています。

 

ですが、まだ「ADHD発症の引き金」となる「遺伝子の異常」については

研究中となっています。

 

その為「親子間」での発症リスクは高いですが

「遺伝子の異常」によるものかどうかの線引きはまだされていません。

 

 

遺伝性の根拠は「親子間」での発症というデータ

 

ADHDは遺伝による発症も考えられる。

 

医学界ではそういった意見も多いですが、

その「ADHDの遺伝性」を証明する根拠は

主に「家族性」の発症履歴です。

 

つまり「親がADHDの場合に子供にもADHD

が発症する可能性が高い」というものです。

 

ですので、現時点では「ADHDを引き起こす原因遺伝子」が

明らかにされた訳ではありません。

 

 

遺伝原因論は「環境要因」と「家族性」の明確な区分が求められる。

 

親子間でのADHD発症が多い。これは「遺伝」の可能性と同時に

「環境性」による可能性も出てきます。

 

つまり「ADHDと診断を受けた親と同じ生活習慣の中で生活をする事によって、

ADHDの症状とされる行動が日常となった」というケースです。

 

これは肥満、高血圧、飲酒率、喫煙率、虐待の循環など、

実に様々な点において「家族性・環境性」による親子間の一致が見られます。

 

そして上記の肥満、高血圧などについても

「遺伝性」は未だに議論されている状態です。

 

ADHDもまた「遺伝」の問題については

「ADHDの引き金となる遺伝子の問題」が明確になった訳ではありません。

 

その点に関しては今後の研究が待たれています。

 

 

ADHDを抱えたからといって親になる事を恐れるな!

 

ADHDはまだ遺伝性については議論の真只中です。

 

ですので、自身が過去にADHDと診断をされた、

また大人になってからADHDと診断をされたという場合、

親になる事に躊躇する人も出てくるでしょう。

 

ですが、ADHDを恐れて親になる事を諦めてはいけません。

 

ADHDであったとしても社会の中には輝ける場所があります。

その人にしかできない役割が必ずあります。

 

日本はとかくADHDか否か、という点に拘る傾向がありますが、

そんなことより「自分の子供が輝ける場所はどこか?」

 

「自分の子供はどんな点に優れているのか?」

といった子供の全てを受け入れて、理解する事です。

 

そして、社会の中で「立派に生きる力」を育む事に注力しましょう。


タグ: 

カテゴリ:ADHDについて  [コメント:0]

子供のADHDは治る?ADHDは完全に治すことはできる?大人になれば自然に治るの?

目安時間:約 4分

 

ADHDは「大人になれば治る」と言われる事も多い疾患ですが、

今回は

 

〇ADHDは治るのか?
〇ADHDが治るとはどういう事なのか?

 

という点について紹介します。

 

 

【ADHDは正確な診断自体がまだ難しい疾患】

 

「ADHD(注意欠如多動性障害)は治るのか?」

これはADHDと診断をされた子供の保護者なら誰もが一度は思う気持ちです。

 

ADHDは2017年時点ではまだ「専門医制度」自体が十分には整っていない為、

診断そのものが非常にむずかしい疾患です。

 

ADHDや発達障害を見分ける専門家の「児童精神科」は、

2008年にようやく診療科として認められたところですので、

今は「治る」の前段階である「見分ける」段階にあると言えるでしょう。

 

【ADHDの治療自体が手探りの為、「完治」という概念がまだ定義されていない】

 

ADHDは「個性」なのか「疾患」なのかの

線引きがまだ明確に定まっていません。

 

その為、治療自体もまだまだ手探りの状態で

「何を持って完治とするか」という定義がバラバラです。

 

〇 ADHDである自分自身をコントロールできたら完治とするのか
〇 社会生活において問題が無ければ完治とするのか
〇 神経の異常を正常に戻せた時点で完治とするのか

 

ADHDは診断自体が手探りの疾患の為、

治療もまた手探りであり「治った」という言葉の定義も

また手探りの状態なのです。

 

【ADHDは大人になると自然に治るのか?子供のADHDは?】

 

ADHDは大人になるにつれて自然と治ると言われる事があります。

 

これは大人になる事によって「自分をコントロールする方法」を身に着け、

社会生活・集団生活を問題なく過ごせるようになったからです。

 

多くの場合、ADHDの症状自体は収まっている訳ではありません。

 

ただ「自分を抑える方法」を身に着けたという話です。

 

そして、子供のADHDについてですがグループ学習などを通した「認知行動療法」等で

改善をするケースも多いですので「完治」というのは難しいですが、改善は十分に期待できます。

 

ただ、それは疾患の改善なのか、集団生活を身に着けたのかの判断は難しいです。

 

 

【現時点では「寛解」が完治と呼べるADHD】

 

正確な原因すら解明されていないADHD。

 

現時点で医学が目指している「完治」とは

「寛解(病と抑え込んでいる状態)」を指していると言えるでしょう。

 

ADHDが問題とされるのは「社会生活」を送る上で障害となる事があるからです。

 

ですので、上手にADHDの症状をコントロールする事で

ADHDが社会生活における障害ではなくなった状態(寛解状態)は、

ADHDは「あっても問題のない疾患」となります。

 

その寛解状態が現時点でのADHDの完治と呼べるでしょう。

 

初回980円で始められる

お得なADHD改善サプリ!

 

<詳細はこちら>


子供向けADHDサプリ「コドミン」

目安時間:約 6分

ADHD改善サプリメントとして知られるコドミンには、

こどもの集中力を引き上げ、

落ち着きを改善する効果などがあります。

 

・子どもの行動がちょっと騒々しい

・なんだか落ち着かない様子

・学校で注意されてばかり

 

などなど、子どもの行動に対して不安を抱く

全ての保護者の方におすすめしたいサプリメント、

「コドミン」ですが、実際に使用してみた保護者の方の体験談や、

配合成分などはどのようなものになっているのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

 

 

▼保護者の口コミ

 

「コドミンを使用してからは集中力が以前より確実に増して、

学校など集団行動の中でも落ち着いて行事に参加できるようになりました。」

(Aさん)

 

 

「サプリメントで効果があるのか正直不安でしたが、

コドミンは本当に効果があったので驚きました。

 

以前は参加できなかった地域の集まりも、

今は楽しそうに参加することが出来ています。」

(Bさん)

 

 

「何事にも興味が長続きしなく集中力のなかった娘ですが、

コドミンを飲み始めて3カ月程経った今では、塗り絵を長時間出来たり、

1つのことを長く続けられるようになりました。」

(Cさん)

 

 

▼効果と配合成分

 

コドミンにはホスファジルセリン(PS)という成分が配合されています。

ホスファジルセリンは子どものADHD改善にとても効果的な成分として知られ、

 

・集中力アップ

・精神を安定させてくれる

・落ち着きを与える

 

といった効果に期待が持てます。

また、ホスファジルセリンは大豆から抽出される成分の一つなのですが、

大豆からわずか0.003%しか抽出することの出来ない貴重な成分でもあります。

そんな貴重なホスファジルセリンが、コドミンには1粒あたり100mgも配合されています。

 

▼飲みやすさ・安全性・副作用

 

子どもに与える以上、副作用による心配が気になるところですが、

コドミンは子どもが飲んでも安心で安全な成分しか配合されていませんので、

小さな子どもでも安心して飲むことが出来ます。

 

ただし、もちろん個人差があることからすべての人に

適しているとは言い切れませんので、

不安を感じる方は小量から試してみると良いでしょう。

 

また、摂取量についてですが、コドミンは

1日3粒との目安量が記載されています。

 

1日3粒程度であれば、小さな子どもでも

比較的抵抗感なく飲んでくれるので、気軽に始められそうですね。

 

飲み始める年齢についてですが、コドミンはサプリメントなので、

厳密に何歳から~といった決まりはありません。

 

そのため、子どもが抵抗感さえ持たなければ

何歳からでも飲用が可能です。

 

ただし、あまりにも小さな乳児期などは、

サプリメント等の固形物を飲み込むのは困難かと思いますので、

離乳食を終えた2歳から3歳からの飲用をおすすめします。

 

 

▼コドミンの最安値はどこ?通販・公式サイトについて

 

コドミンの販売先は様々で、

主に通販サイトなら幅広く対応しているようです。

 

※薬局やドラッグストアなどの市販は

取り扱いがないそうです。

 

通販サイトでおすすめなのは、

楽天・アマゾン・公式サイトなどなど。

そして、上記のサイトの中でも特に価格が安く、

様々な特典が付いてくることから一番おすすめしたいのが、

コドミンの公式サイト。

 

 

【コドミン公式サイト】

 

公式サイトによるコドミンの通常価格は、8,980円。

ただし、定期コースなら通常価格が8,980円なのに対し、

なんと89%OFFの980円に!

とくとくコース(定期配送)・・・980円(初回89%OFF)

(2~4回目まで3000円OFF/5回目以降5000円OFF)

 

また、定期コースによる周期変更も自由で、

購入する側のわがままに答えてくれるのも嬉しいポイント。

 

そして、公式サイトならではの特典として、「60日間返金保証」もついてきます。

 

89%もお得に、周期変更自由で返金保証も付いてくるのは、公式サイトだけ!

気になる方は、コドミン公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

コドミン公式サイトURL

http://mpj.jp/shopping/lp.phq?p=kodomin

 


子供がADHDかチェックする方法は?

目安時間:約 5分

子供のADHDをチェックする方法について

「ADHDです」と初診で即座に判断される事はまずありません。

 

子供のADHDの判断には慎重さが要求されるからです。

 

子供の様子を目で見てチェックして、

親からは子供の学校生活や家での生活の事などを細かくヒアリングして、

丁寧に判断するのです。

 

では、専門医はどのような部分に重点をおいて

ADHDか否かを判断しているのでしょうか。

 

確認手段1:家での様子

 

家での子供の様子がADHDかどうかを判断する上では大切です。

 

・保護者との約束を当日に忘れる

・遊んでいる最中に、別のおもちゃに心変わりしやすい

・叱られている事を認識していても、話に最後まで集中できない

・上の空で、すぐそばで話しかけても頭に入っていない

・会話の最中に興味が別の事に動く

・最後まで話を聞く事ができない

 

子供がADHDだとこのような事が多くなり、

それが「たまに」ではなく「毎日」の事になってしまいます。

 

ただ、これは小学校に入る前くらいの活発な子供には、

誰しも多かれ少なかれある事なので、

これだけで「私の子供はADHDだ」と

決めつけるのは止めましょう。

 

確認手段2:学校生活での態度

 

学校の中での過ごし方もADHDかどうかを

判断する上ではとても大切なポイントです。

 

・遠足等で集団行動ができない事が多い

・先生から聞かれた事の意味が分かっていない場合が目立つ

・授業中にイスから離れてしまう

・非常に運動が不得手

・プリントや連絡帳などの忘れ物が多い

・発言に一貫性がない

・相手の発言に自分の発言をかぶせてしまう

・友人との会話のやり取りが上手くいかない

 

学校での集団生活中で、このような状態になっているかどうかも

重要な判断基準となります。

 

「決められた行動」を取る事がADHDの子供には難しく、

初めは我慢できていても、だんだんと「ルール内の行動」をしたくなくなり、

身勝手な行動が増えてしまいます。

 

ただ、小学生になった直後に

このような状態になる子供は珍しいです。

ことに幼稚園から進学してきた場合は、

机に長時間座っている日々は未経験ですから、

上記のような行動はあまり取りません。

 

ですから、最低でも小学生になってから2ヶ月か3ケ月程度は経ってから、

ADHDかどうかの判断を始めるのが普通です。

 

ここまで、学校・家での生活の中での確認項目をざっとお伝えしました。

 

実は小学生になる前の子供の場合は、

ADHDの確認項目にいくつか該当するのは当然の事であり、

それが医療機関での共通認識となっています。

 

ADHDに対して日本人はやや繊細になっていますが、

確認項目に少しくらい該当するからと言って、

すぐに「ADHDなんだ」と決めてかかるのは止めましょう。

 

他人とのコミュニケーション能力、集団生活での(暗黙の)ルールなどは、

普通は成長と一緒に身に付けていくものです。

 

ですから、単純に当てはまるか否かではなく、

「その項目において進歩がない」という時に、

ADHDであると判断される事が多いです。


ADHDの子供への正しい対応は?接し方は?

目安時間:約 5分

ADHDは発達障害の一種であり

「そわそわしている」「しつけができていない」と

思われてしまうかもしれませんが、

あくまで脳神経にトラブルがある事が要因で生じる症状ですから、

当人に悪気があるわけではもちろんありません。

 

ですから、脳神経に動きに問題がない人の

固定観念の下で接してしまっては、

ADHDの子供に無益な圧力を掛けるだけです。

 

では、ADHDの子供にはどのように接するのが適切なのでしょうか?

 

ADHDの事を大人側が正しく理解する

 

まずは「ADHDの事を大人側が正しく理解する事」が

ファーストステップです。

 

・ADHDとはそもそも何なのか

・ADHDによりどのような事が身体に生じているのか

・ADHDの子供はどのような事で苦しむ事が多いのか

 

ADHDの事で最も辛い思いをするのは本人であって親ではありません。

 

ですから、まずは大人側がADHDについてきちんと学び、

情報交換などする事で子供をサポートしましょう。

 

そうすることで、子供の苦しみを軽減する事ができるはずです。

 

「できない事」は叱責しない

 

「我慢できない」「行いたくても行えない」という事がADHDの子供には多いです。

 

これは集団生活のルールを身に付ける場所(小学校、保育園など)が

「ADHDの子供が存在している」という事実を前提とする事が

できていないからです。

 

原則「脳神経の動きに問題がない子供」だけが

過ごしやすい状態になっているのです。

 

ですから「休み時間以外」の集団生活の折に、

ADHDの子供が上手に過ごしにくくなるのは当たり前の事なのです。

 

それを「このような行いをすべき」「他の子供はできている」と

大人側の認識に当てはめて叱責する事はNGです。

 

ADHDの子供を拒絶する行動に他なりませんし、

ADHDの子供が生活領域を無くす事に繋がってしまいます。

 

「良かった事を褒めて成長させる」事が大事

「興味が持てない事」に関してADHDの子供が集中力をキープする事は難しいです。

ですが興味が持てる事に対しては、大変秀でた集中力と能力を披露する事も多いです。

 

周りの人間の態度のせいでADHDの子供は自分に自信が持てない事が多いです。

 

ですから、得意な事で実力を発揮しているのであれば

「素晴らしい!」と「できたこと」を認識させて

褒めてあげるようにしましょう。

 

「できなかった事」を持ち出して、「次はあれも行えるようになろう」

という態度はふさわしくありません。

 

適切に褒める事でADHDの子供は自分自身に自信が持てるようになり、

認めてくれる保護者などの存在が支えになるのです。

 

子供の個性を認める事

「脳神経のトラブルから来る障害がADHDである」という見方もありますが

「ADHDは個性である」という見方もあります。

 

「とあるフィールドでなら活躍できる少数派」なのがADHDの子供であり、

多数ではないという「単なる事実」があるだけなのです。

 

「周りの子供と同じように」とADHDの子供を、

周りに合わせるように躾などをしようとする親が大半ですが、

それは裏を返せば子供の可能性を摘み取ろうとしている行為でもあるのです。

 

それよりも「個性の1つなんだ」とADHDの事を認識して、

当人が活き活きできるフィールドを共に見つけてあげるのが最適だと思います。

 

ここまで、ADHAの子供に対する適切な対応を紹介しました。

ご参考になれば幸いです。


ADHDが疑われる年齢は何歳から?

目安時間:約 5分

そわそわしている事が多い自分のお子さんを見ていると

「どれくらいの年齢からADHDになるものなのか」

という事が気になるはずです。

 

さて、ADHDはどの程度の年齢から発生するものなのでしょうか。

 

ADHDが起きる年齢

 

まず、ADHDは「障害」であって「疾患」ではないというのが現状の定義であり、

血液テストや画像診断などを用いた、

揺るぎない「判断基準」は存在しません。

 

そして、ADHDの場合は「未成熟の子供ならではの行動」が多いため、

「いつからADHDだったのか」という判断をするのが大変難しいのです。

 

「ADHDの判断項目に該当する子供自体」は、

小学生になる前の幼稚園・保育園児には大勢存在します。

 

幼稚園・保育園生くらいまでは、

全員が「ADHDかもしれない」と疑ってかかる事が

できなくもないのです。

 

「発生」よりも「成長しない」のがADHDの判断基準です。

 

「どれくらいの年齢から発生するのか」という視点で考えていても、

ADHDの本質を知る事はできません。

 

「年齢に見合った成長が伺えない」というのが、

ADHDかどうかを判断する上では重要な基準となります。

 

さて

集中力が散漫

他人の話に耳を傾けられない

そわそわしている

 

など、人間はみんな「未成熟な状態」で誕生します。

「赤ちゃん」であればそれが正常です。

 

ADHDであると判断されるのは、その「赤ちゃん」の状態で

身体だけが成長したケースです。

 

ADHDを文部科学省の定義から探る

 

文部省は

「ADHDは7歳以前に発現し、その状態が続き、

機能異常が中枢神経の何らかの原因により起こる」

とADHDの事を定義しています。

 

7歳以前に症状そのものは発現する

それが続く

機能異常が中枢神経の何らかの原因により起こる

 

つまり「7歳より前にADHDが発現する」のは正常な事であり、

「それが続く」事こそが問題なのです。

 

「続かない」のであればADHDとは見做されません。

 

7歳になってから(小学生になって以降)も、

成長が乏しい・状態が良くなっていないという際に

「ADHDである」と判断される可能性が出てくるのです。

 

「ADHDかもしれない症状そのもの」は7歳よりも前に発生しますが、

それが子供ならではのものでしかなかったのか、

ADHDだったのかは、7歳以降からようやく判断できるようになるという事です。

 

以下、まとめです。

 

小学生になる前からADHAを疑問視される症状そのものは発生するが、

明確に年齢が決められているわけではない。

※自閉症等のサインは3歳までに生じるとされている。

 

文部省は「7歳以降からADHDかどうかを判断できるようになる」としている。

それより前の段階では「疑いがある」という表現がふさわしい。

 

つまり:7歳以前でもADHDになっている場合があるが、

実際に判断できるのは7歳になってからとなります。

 

7歳以前の子供の状態からは「ADHDなのかと疑問視する」事までが限界です。

 

ここまで、どれくらいの年齢からADHDが発生するのかという事を紹介してきました。

ご参考になれば幸いです。

 

 


ADHDと食事には深い関係性があるって本当?

目安時間:約 5分

食生活がADHDの引き金になる?

 

といった声は昔からあり、現に食生活とADHDの関係性について

探ったり意見を述べたりしている研究者は大勢います。

 

ただ「関係はある」という意見も「関係はない」という意見も存在しており、

「ADHDと食生活」について、医学的に明確な定義づけは成されていないままです。

 

現状、医学的には「フレッシュな野菜とフルーツをメインとした食生活」を、

ADHDに関しての最適な食生活であるとしています。

 

単純に言えば「健康に良い食生活を送りましょう」という事です。

 

ただ、各種研究の元「ADHDと関係があるのではないか」と

思われている食品は、いくつか存在しています。

 

そこでは、ここでは「ADHDに関係すると言われている

「避けた方が良い」食品」

についてお伝えしていこうと思います。

 

ADHDと関係すると見られている食品は?

 

○砂糖

 

「ADHD」、「多動障害・注意欠陥(AD/HD)」、

「鬱」などの障害・病気に密接に関係していると言われています。

 

よく取り沙汰されているのは砂糖ですが、

「ADHDには糖質全域が密接に関係している」という意見を

持っている研究者も大勢います。

 

○合成着色料

 

ADHDと「黄色5号、黄色4号、赤色102号、赤色40号」などが

関係しているのではないかと言われており、

イギリスでは規制されています。

 

その他、日本では重宝されているタール色素なども

関係しているのではないかと言われています。

 

現状国外の規制と比較して、国内に合成着色料に関する規制はかなり甘く、

「海外では危険視されていて使われていないが、

日本では使われている合成着色料」も多いです。

 

ADHDの事のみならず、健康面が心配な場合は

世界全体の事を判断基準にした方が良いと思います。

 

○人口調味料

 

ADHDとの関係性が特に疑問視されているのは「人工甘味料(アステルパーム等)」です。

 

人工甘味料の大半は世の中に出回るようになってから歴史が浅く、

未だ分かっていない部分が多いと考えている専門家が大勢います。

 

「ADHDとの関係性」についても分かっていない部分が多く、

疑問視する声は多いです。

 

どうしても心配な場合は天然の甘味料(メープルシロップ、ハチミツなど)を

メインに使うようにしましょう。

 

砂糖とは異なり、単糖類ですから健康にも非常に良いです。

 

○グルテン

 

小麦に含有されているたんぱく質の仲間である「グルテン」は、

国外では砂糖よりも危険視されています。

 

「ふくらし粉」が国内では馴染み深いはずです。

 

腸内フローラに関してグルテンが良くない影響を与えると言われていますが、

近年「ADHDと腸内フローラは密接に関わっている」という発表が成されました。

 

ですから、グルテンはADHDに関係する食品であると見られているのです。

 

ここでは国外で公に明かされている研究結果をメインに解説してきました。

 

ちなみに、日本は食品とADHDの関係性についての研究で

遅れを取っているというのが現状です。

 

ADHDと食品の関係性についての研究が進む事が期待されています。

 

ここまで、食品とADHDの関わりについて紹介してきました。

ご参考になれば幸いです。

 

ADHD改善に効果が期待できる

人気№1サプリメントとは?

<詳細はこちら>


ページの先頭へ